あっさりお金が貯まる??楽して節約できるポイント 4点

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.07.29.Mon

「節約」と考えたときに一番に頭に浮かぶものは何ですか?光熱費や食費と言う人はちょっと待って。ムダなものを買わない・使わないと言うことは貯蓄の近道に感じますが、細かい節約にはストレスもつきもの。
一方、「必需品」「削れない」と思っていたものを削減することで、あっさり目標額の節約ができてしまう項目も。楽して節約したいなら見直したいポイントをまとめてみました。

家賃

一人暮らしなのにムダに広い、新しくて立派過ぎ、なんて物件に住んでいませんか?まとまった金額を節約したいなら、家賃の見直しはマスト。
食費などの変動費は常に意識していないと節約につながりませんが、家賃などの固定費は一度見直すと、その後は自動的に出費が抑えられるメリットも。とはいえ、そのために必要もないのに引っ越しをするのは本末転倒なので、賃貸の更新などのタイミングで見直すのがオススメです。安全のためにも、駅から遠くて安い物件よりは、建物が古いけど、リフォームなどで内装はキレイ、かつ駅近という物件を探すのがオススメです。

保険

保険に加入している女子も多いと思いますが、その保険料は本当に妥当か?考えてみるのもいいでしょう。単純に保険としての機能以外に、貯蓄型のものをチョイスしている場合は要注意。月の掛け金を考えると、シンプルな保険に加入し直し、自分で貯蓄する方がおトクなはず。

飲み会

一般的に交際費は節約しない方がいいという考えがありますし、お金を理由に飲み会を断ることに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、よく考えると、楽しくみんなと会話を楽しめているのは一次会だけ、二次会以降は酔っていて何の話をしたのか覚えていない、なんてケースもあるのでは?本当に楽しいときは参加してもよいですが、付き合い程度の飲み会なら一次会のみで帰る、という習慣を付けるだけで、お金の貯まり具合も変わってきます。メリハリをつけて楽しむようにしたいもの。

通信費

通信費も固定費として考えましょう。ネットの契約などは一度見直すと、月に数千円もの差額が出ることも。
例えば、一人暮らしなのに自宅にネット回線を引き、モバイルルーター機能付きのスマートフォンを持っているような場合、スマートフォンのルーター機能でパソコンからネットを使うように一本化するだけで、自宅のネット回線分はカットできますよね。ネットのヘビーユーザーにはムリにオススメしませんが、念のため自宅にネット回線があるけれど、実際に使っているのはスマホばかり…。なんてタイプの人は思い切って削減できる項目です。

一度メスを入れると半永久的に効果が続くのが固定費の節約のメリット。貯めたい女子は、毎月の固定費にムダがないか、もう一度確認してみては?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019