有意義に朝活できる!朝の「オン・オフ切り替え習慣」の作り方5つ

2013.07.27

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

「三文以上の得がある」とも言われている朝。早起きしたいけれど、「起きても眠くて、結局三日坊主…」なんて人も多いのではないでしょうか。
起き抜けで眠さを引きずる朝は、「脳内のオン・オフを切り替える習慣」を1つ持つことが大切。意識的に習慣作りすることで脳が切り替わり、朝時間を有意義に活かせ、長続きさせることが出来ます。今回は習慣化にお勧めな行動を5つご紹介します。

毎日決まったメニューの朝ご飯を食べる

食事は噛むことで脳を目覚めさせ、胃腸から始まり全身を目覚めさせる重要なポイント。朝食なくして、有効な朝活はできません。
朝食をオン・オフ切り替えの儀式にするためには、毎日決まったメニューを食べること。同じメニューにすることで、朝食をオン・オフ切り替えの習慣として意識化できます。特別新たなことを始める必要もありませんし、作るのも楽なのでお勧めですよ。

15分のカフェタイムを作る

出社前の15分間、カフェに行きましょう。場所を変えてコーヒーを1杯飲むだけで、オンとオフが切り替わりやすくなります。同時に情報収集やその日のスケジューリング、メールチェックなどをしてしまうと、仕事もできて一石二鳥ですよ。

散歩・ラジオ体操など運動する

運度は全身の血流がほどよく巡り、脳が活性化するので特にお勧め。ランニング・散歩・ヨガ・ラジオ体操など、慣れ親しんだものを選びましょう。
太陽光を浴びるものなら、幸せを感じる脳内物質セロトニンも作られ、やる気もアップ。早めに出て一駅分歩くのでも良いでしょう。また筆者もやっているラジオ体操は、TVを見ながら短時間でできるので便利ですよ。

シャワーを浴びる

シャワーは全身が目覚めるのはもちろん、体を洗う動作がやる気を生み出してくれます。特に女子は好きな香りのシャンプーやコンディショナーを用意しておけば、気分も上がりますよね。匂いは直接の脳に届くので、効果大ですよ。

朝、半身浴をする

半身浴と言えば、夜やるイメージ。しかし朝もお勧めです。全身の血流が良くなるので、脳も活性化。
半身浴しながら読書をすれば情報収集になりますし、朝はアイディアが浮かびやすいので企画を考えるのにも◎。冷え解消やダイエット効果もあり、美容にも嬉しいですよね。

いかがでしょうか? 朝は効果的に使えば使うほど、生産性がアップする時間。朝活のお供に、オン・オフ切り替えの儀式を取り入れてみてくださいね。

2013.07.27

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

宮野茉莉子

Written by 宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。 Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928 blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介