初対面でも相手との距離が近づく5つの会話テク

2013.07.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

初対面や知り合ったばかりの人との会話って、難しいですよね。たいていは「緊張と心の壁」があり、当たり障りのない会話しかできないもの。それでも気になる彼、顧客、新しい仕事仲間相手だと、どうにか相手との距離が近づく会話をしたいもの。そんな会話テクを5つご紹介します。

1、テリトリー内の情報を知っておく

可能であれば、相手のことをできるだけ知っておきましょう。共通の友達に聞いたり、SNSを前もってチェックしておくと、話題作りに困りません。
特に「職業、趣味、スポーツ、出身地、スポーツやバイト歴」など。相手のテリトリーにより近い話題を出すと、会話も弾みます。

2、身の回りのものを褒める

人は外見に自分の好きなものをちりばめます。特に「個性的、目立つ、質が良い、高価そう」なものはこだわりの強い部分。
ファションや髪型、小物、靴など、細かくチェックしてさりげなく褒めたり、どこで買ったのかなど情報を聞きましょう。

3、好きなものを聞く

自分の好きなものを話しているときが、1番人は輝いています。「休みの日は何をするのが好き?」「学生時代の部活やバイトは何か」が、入りやすい質問。好きなものを語ってもらいましょう。

4、具体的なカマをかける

カマをかければわざとらしくない会話ができ、相手の情報も知れるのでお勧め。相手の外見や言動から予想を立て、一般的なカマをかけてみましょう。
例えばファッションや持ち物にまで気合が入っている人に、「海外旅行はよく行く方?」「グアムとかハワイ行ったことある?」とカマをかけてみましょう。うまく当たるときもあれば、「海外は行かない、国内だね」と返されることも。「行ったことない」という人でも旅行に行かない人はいませんから、「最近どこに旅行行った?」「今までの旅行先はどこが良かった?」なんて話にかえられます。
大事なのは辺り外れでなくそこから派生する話。旅行、音楽、ジムなど、ポピュラーな話題で試してみてください。

5、一言本音をさらけ出す

誰かが本音を一言言うだけで、場の空気が和み、人との距離が近づくことがあります。待ってても気の遠くなる話ですから、自分から言いましょう。
気をつけたいのは黒い本音や愚痴に不満。そうではなく、「緊張する、人ごみが苦手」などイメージは悪くならないものを選んでください。

いかがでしょうか? まずは身近な人から試してみてくださいね。

2013.07.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。 Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928 blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介