家計にもカラダにもやさしい!優秀食材ベーコンのかしこい利用法

2012.07.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

お肉を食べたい気分だけど、たくさんはいらないし、お金も出したくない、、そんなときの絶好のお役立ち食材がベーコン。少量でも“お肉を食べた”と実感でき、お値段も手ごろで日持ちもいい、とても優秀な食材なのです。

ベーコンのメリットはこんなに、、。

・塩味がしっかりしているので、少量でも食べた満足感が得られる。
・脂分をカットしやすく、ダイエット中の人でも脂肪分カットで食べやすい。
・メイン食材としてお値段が安い。(スライスよりブロックがおすすめ)

さらに、ベーコンは、パスタやご飯といった主食ものと相性がいいので、少量でも立派に1食分作れることができます。ベーコンの塩味を利用することで、味付けもカンタンに済みます。おいしい、やすい、かんたん、すべて揃って、こんなに便利な食材もめずらしいでしょう。

満腹感もしっかり!ベーコンを使った献立いろいろ

シンプル塩味パスタ

ベーコンとお好みの野菜を一口大に切り、ニンニクオイルで炒めて塩・胡椒で味付け、ゆでたパスタを最後に入れてよくまぜます。
野菜の例:玉ネギ、ピーマン、ほうれん草、アスパラガス、マッシュルーム
※唐辛子を刻んでピリ辛味でもおいしい。

定番トマトソースパスタ

基本のシンプル塩味パスタと同じ要領で、野菜とベーコンを炒めたあと、トマトの水煮(缶詰)を加え、トマトソースをつくります。コンソメを小さじ1ほど加えるとコクが出てさらによし。
※このトマトソースをちょっと多めに作って、スープ代わりにしてもOK、一石二鳥で楽しめます。

元祖中華チャーハン

残飯でも手軽に作れるチャーハン、ベーコンさえあればおいしいものができます。
最初に具材となる野菜とベーコンを炒める時に、中華鶏がらスープの素を適量加えると、深みのある味になります。

いずれも基本的ですが、飽きのこないものばかりで家計がピンチのときも大助かり!冷蔵庫にかならず置いておきたい心強い味方です。

ライター:Waxy

2012.07.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Waxy

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介