義母「気持ち悪いお腹ね」出産後、助産師さんに助けられた話vol.5

2022.11.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

出産は命がけ。ただでさえ大変な出産時に、無神経な旦那さんや義家族もいるようで?
今回は、Googirl読者のみなさんに聞いた「助産師さんに助けられた話」の中から1つ、義母の信じられない暴言エピソードをご紹介します。

「もう1人入ってるんじゃない?」

「第一子を夜中に出産した私。翌朝、病院の面会時間が始まってすぐに義両親が面会に来ました。出産したばかりでヘトヘトだったけれど、ベッドで横になってるのもな……と思い、無理して立ちながら対応しました。
義母は私の挨拶なんて一切無視で、夫に『お疲れさま』と声をかけていました……。こんなときにまで嫁いびりをするのか……とガッカリ。しかも、突然私のお腹を指さして『何なのこのお腹! もう1人入ってるんじゃないの? 気持ち悪い!』と、眉間に皺を寄せながら大きい声で言ってきたんです……。
たまたま見回りに来ていた助産師さんが『何か月もかけて大きくなった子宮は、出産したからといってすぐには戻りませんよ?』『大事なお孫さんが入っていたのに、気持ち悪いだなんて悲しいこと言わないでくださいね!』と言ってくれました。義母は助産師さんに言い返すことができず、気まずそうな顔をしていたのでスッキリしました!」(35 – 39歳・女性)

▽ 義母だって出産の経験があるはずなのに、どうしてこんなひどいことが言えるんでしょうね……。助産師さんも、きっとスルーできなかったのでしょう。

出産時、助産師さんに救われた人って多いですよね。妊婦さんに寄り添ってくれる助産師さんって、本当に素敵です!

リサーチ元
Googirlユーザー:14名
リサーチ期間:2022年10月14日~2022年10月29日

2022.11.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 原桃子

つい読みたくなるような記事を書いています。猫とナマケモノとサメが好き。世の中にはいろんな人がいて面白いなと思っています。

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介