立ち合い出産でタバコくさい夫を撃退! 助産師さんに助けられた話vol.1

2022.11.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

出産は命がけ。ただでさえ大変な出産時に、無神経な旦那さんや義家族もいるようで?
今回は、Googirl読者のみなさんに聞いた「助産師さんに助けられた話」の中から1つ、タバコくさい旦那さんを叱った助産師さんのエピソードをご紹介します。


タバコくさい夫に…

「なかなか産まれず、陣痛が始まって9時間がたった頃。夫があからさまに嫌そうな顔で『もうさっさと産んじゃってよ』と言ってきました。私にマッサージするのが疲れたんだろうけど、そんな態度に出さなくても! 近くにいた助産師さんが、旦那にコンビニで休憩してくるように言い、夫を退室させてくれました。その間、ずっと私を慰めてくれた助産師さん。もう感謝しかありません……!
もうちょっとで産まれるというときに、コンビニから夫が戻ってきました。しかもタバコのニオイをプンプンさせて……。めちゃくちゃ腹が立って『タバコくさすぎて無理! 出てけ!』と泣きながら訴えました。助産師さんに連れて行かれた夫が再び登場したのですが、なんと上半身裸の上からエプロンという恰好……!

あとから何があったか聞いたのですが、助産師さんに廊下で『今すぐ服を脱いでください』『じゃないと分娩室には入れられません』と叱られたらしい。一応、真夏だったので上半身裸でも問題はなし(笑)。しかも消臭スプレーを思いっきりかけられて『本来なら、こんなにタバコくさい人は分娩室に入れたくないんですけどね』とゴミを見るような目で言われたそうです(笑)」(30 - 34歳・女性)

▽ 奥さんが必死に頑張っているというのに、旦那さんはタバコ休憩……。それだけでもイヤなのに、ニオイをつけたまま帰ってこないでほしいです! そんなタバコくさい体で赤ちゃんを抱っこするつもりだったのでしょうか? ハッキリ言ってくれる助産師さんでよかったです!

リサーチ元
Googirlユーザー:14名
リサーチ期間:2022年10月14日~2022年10月29日

2022.11.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 原桃子

つい読みたくなるような記事を書いています。猫とナマケモノとサメが好き。世の中にはいろんな人がいて面白いなと思っています。

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介