産婦人科でスカッ! 助産師さんが幼稚な夫を諭した話vol.1

2022.08.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

妊娠中から産後まで何かとお世話になる産婦人科ですが、そこで頼りになるのが助産師さんの存在です。助産師さんに助けられることは多いですが、ときに「父親になる自覚がまるでない幼稚な夫」を諭してくれる、なんてこともあるようで……。
ということで「助産師さんが幼稚な夫を諭した話」の中からひとつ、今回は「妊娠中もタバコをスパスパ吸う夫を諭した」エピソードをご紹介します!


妊娠中もタバコをスパスパ吸う夫に…

「私の妊娠が分かっても全く禁煙してくれなかった夫。『やめて』と言っているにもかかわらず、私がいるそばでも平気でスパスパ吸っていて……。
で、あるとき妊婦健診に夫がついてきた。周りにたくさん妊婦さんがいるにもかかわらず、産婦人科に入る直前までタバコを吸っていたから、タバコ臭がひどくて……。

診察室に呼ばれて医師に内診してもらった後、助産師さんが夫に『ねぇ旦那さん、妊娠中の喫煙や間接喫煙がどれだけ赤ちゃんに悪影響なのか知ってるよね?』『奥さんも嫌がっているし、今日から禁煙してみようか?』とさらっと言ってくれた!

夫も助産師さんにそう言われたことで気持ちの変化があったみたいで、その日から少しずつ吸う本数が減って、今では完全に禁煙してくれた! あれだけ私が言ってもやめられなかったのに……」(31歳女性)

▽ 「妊娠中の喫煙の悪影響」っていろんな所で言われていますし、知らないはずがないですよね。副流煙による害はもちろんですが、そばで吸われるストレスも半端なさそうですし。禁煙してくれて本当に良かったです!

2022.08.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by ヨーコ

南の島生まれの迷えるアラフォーライター・編集者。好奇心旺盛で、やや多動気味&HSP気質。霊感はないけれど、優れた直感力には自信アリ。

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介