「もう仕事やめようかな」…ワーママが泣きたくなる瞬間vol.3

2022.06.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

この春、育休から復帰して子どもが保育園に通いはじめた……という親御さんも多いのではないでしょうか。初めての登園にギャン泣きする我が子を胸が張り裂ける思いで預け、慣れない生活に親子で奮闘して早数か月。全国の働くママ、もちろんパパも毎日お疲れさまです! そんな日々の中でどうしても「仕事やめようかな」と弱気になってしまうのは、ワーママの誰もが通る道ではないでしょうか。
今回はワーママが「もう仕事やめようかな」と思う瞬間の中から1つ、ワンオペがしんどすぎて泣きたくなったエピソードをご紹介します。

ワンオペしんどい!

・「夫は激務でほぼ家にいないから、家事分担なんてとてもとても。私が手を抜きまくって最低限の家事だけにして、子育てと仕事優先で一応両立はしてるけど……同じワーママでも旦那さんの帰りが早くて夫婦で協力してやっている友達の話を聞くと、比べて落ち込んじゃうしやる気もなくなる。なにより精神的にしんどい」(32歳・女性)

・「朝もだけど、ワンオペは帰宅後も戦争! 1人で子ども3人見ながらご飯、お風呂、寝かしつけに家事とか園の準備とか。ご飯作らなきゃって急いでるときに限って兄弟ケンカして、抱っこして欲しくて足にしがみつかれて、時間も手も足りない。
家事が終わらないまま自分も寝落ちしちゃうと翌日またバタバタ。そんなとき大事な仕事や子供の持ち物を忘れたりすると『ああ、もう嫌!』って泣きたくなるー」(35歳・女性)

▽ やらなきゃいけないから毎日ギリギリの状態で回しているというワンオペのワーママ、多いのではないでしょうか。どこかで休息しないと心が折れてしまいそうです。

2022.06.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by さち

いえ、ほん、かふぇ、と某アイドルがすき。宅地建物取引士。 大学のゼミで広告企画や映画を作り、不動産業界を経て、web編集の道へ。 夢の注文住宅には、アイドル部屋も。 日々こぼれるスキマ時間に読んでもらえる「なんかいいな」「あーわかる」という記事をお届けできたら――。

ebisu

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介