「妊婦なめてるだろ…」ダメ夫が出産の壮絶さを知った話vol.3

2022.06.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

妊娠中の奥さんを思いやらず、自分勝手な言動ばかりの旦那さんも多いようです。妊娠や出産がどういうものなのか、全然分かっていないんですよね……。
そこで今回は「旦那さんが出産の壮絶さを知った話」の中から1つ、臨月なのに飲み歩いていて現実を見た旦那さんのエピソードをご紹介します。男性が思う以上に、出産って命がけなんですよ。

臨月なのに飲み歩く夫

「臨月になっても、毎晩のように飲み歩いていた夫。『予定日はまだ先なんだから大丈夫っしょ』なんて言ってきて本当にイライラしました……。ある日、夜寝ていたら急激な陣痛に襲われました。だけど旦那は飲み会で連絡もつかないし、本当に焦りました。
しばらくして帰ってきた旦那は、痛みに耐える私を見てオロオロするだけ。『俺、お酒飲んでるから運転できないよ!?』と言ってきた旦那に腹が立って『だから飲み歩くなって言っただろ!』とブチ切れました(笑)。
タクシーを呼んで病院に行きましたが、お産の進みが早かったらしく超スピード出産でした……。出産って本当に何があるか分からないですよね。のんきに飲み歩いていた旦那を思うと、今でもイライラします。本人は反省しているようですが……」(29歳・女性)

▽ 予定日通りに生まれてくることって、あまりないんですよね。いつ生まれてもおかしくない状態なのに、奥さんを一人残して自分は飲み会って……心配にはならないのでしょうか? いざというときに何の役にも立たない旦那さんが残念すぎます……。

2022.06.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介