ママ友にイラッとした上から目線エピソード【英才教育に熱心すぎ】vol.3

2021.11.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

よくも悪くも子育て生活に大きな影響を与えるママ友という存在、もちろん仲よくなれることもありますが、付き合い方が難しい、どの程度の距離感でいればいいのかわからない、なんてことも多いでしょう。そんななかでママ友からの上から目線についイラっとしてしまったという経験もけっこうあるようです!

早期英才教育にとにかく傾倒

「保育園のママ友なのですが、子どもには3歳からピアノ、そろばん、英語に通わせていて小学校受験をさせるそうです。とにかくスタートが肝心とかで、私にも『英語教室一緒に通わせない?』って誘ってくるんですが、うちはあまり興味ないから、と断りました。そうしたら『○○ちゃん(うちの子)、かわいそうだね』と同情と憐みの視線。いやいや私は日本語もまだまだなうちから英語をやらせる気もないんで!」(20代/IT)

▽ 子どもが生まれると、ついつい教育について前のめりになっていく人も多いようです。でもなにがいいかは人それぞれだし、早期英才教育が合うかどうかもまだわかりません。個人の価値観によるところが大きいと思いますが、それを押しつけられた挙句、同情されたり、憐れまれたりしてもいい気分はしないですよね。

2021.11.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

ebisu

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介