大ショック…! 子供が壊した「それだけはやめて!」と思ったもの

2021.09.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

子供を持つと、日々ハプニングが起こりますよね。その中でも困るのが、「自分にとって大事なもの」を壊されてしまうこと! 高価なもの、替えがきかないものなど、大切にしていたものに限って子供に見事破壊されてしまう……なんて経験のひとつやふたつ、ママならあるのではないでしょうか。
「これ、壊されたら困るよな。えぃ、壊してやろう」と思っているわけじゃないでしょうが……ピンポイントで「壊されたくないもの」を壊す子供たち。親たちも壊されないように対策したりするものの、それでも壊されてしまうことも多々……。
ということで今回は、子供が壊した「それだけはやめて!」と思ったものについて、ママたちに話を聞きました。

家電

・「夫が家電好きで、最新のDVDプレイヤーを買うんだけど……買っては壊され、買っては壊され……で、今あるやつは5台目」(30歳女性)

・「結婚祝いでもらったお掃除ロボット。自分で買ったらそれなりのお値段がするし、大事に使っていたのに……2歳の息子が中にいろんなものを詰め込んで取れなくなり、修理にも出せない状態に」(39歳女性)

▽ DVDプレイヤーは、DVDを入れる部分が開いたり閉じたりするのが、きっと楽しいに違いありません。うちも長男、次男それぞれ1回ずつDVDプレイヤーを壊され、現在3台目の購入を絶賛検討中です……。

車のパーツ

・「車のエアコンのスイッチをつけたり消したりっていう遊びにハマっていた息子。案の定というか、そのやりすぎてエアコンが壊れてしまった……」(35歳女性)

・「車の窓の開閉にハマっていた息子。ボタンひとつで開閉するのが楽しかったみたいで。でも、あまりにやりすぎて壊れちゃった。私もチャイルドロックをすればよかったんだけど……」(40歳女性)

▽ 車って、子供がいじりたくなるパーツの宝庫。窓にハンドルにDVDプレイヤーにカーナビに……。ですが、放置していじらせっぱなしにすると危険なことも多いので、ここはちゃんと注意したり操作できないようロックをかけるなどの対策が必要ですね。

高価な食器

・「20代の頃から、作家ものの食器を集めるのが趣味。中には結構なお値段のものもある。それを食器棚越しに眺めるのが好きだったけど……1歳の息子に、その中でも特に大事にしていたコーヒーカップを割られてしまった。まぁ、手が届くところに置いてあった私もいけないけど」(38歳女性)

▽ 筆者も食器のコレクターなので、気持ちはよくわかります。ですが、割れてしまったら悲しいだけでなくケガをするおそれもあるので、食器棚に鍵をつけるか、高いところに置くようにしたほうがいいですね。

スマホ

・「外出時に子供にスマホでちょくちょく動画を見せていたら、いつの間にか子供が勝手に私のスマホをいじるようになってしまった。で、ある日子供に『ママ、はいどうぞ』と言われスマホを渡されたら……画面が真っ暗で電源もつかず、充電しても何の反応もナシ……。いったい何をしたの?」(30歳女性)

・「子供と一緒に街を歩いていたときのこと。いきなり私の服のポケットからスマホを取り出し、あろうことか道に落とした……で、画面はバッキバキに」(28歳女性)

▽ 何よりも大事なものがスマホ、という人も多いことでしょう。子供もそれを見抜いています。それで「狙い撃ち!」というわけではないかもしれませんが……。

パソコン

・「買ったばかりのMacの上に、水を思いっきりかけられ壊されたことがある。修理に出して事なきを得たけど……あのときは本当に焦った」(27歳女性)

・「私がパソコン作業をしているのをよく見ているからか、子供も同じようにパソコンで遊びたがる。キーボードをものすごく力強くたたいたり、長押ししたり……。それでパソコンがよく壊れるんだよね。キーボードが取れてしまうなんてことはしょっちゅう」(30歳女性)

▽ リモートワークの普及もあり、パソコンを壊されるママが増えているよう。「ママがあんなに夢中になっているものにさわりたい!」という気持ちがあるのかも……。

繊細なアクセサリー

・「ピアスって、繊細なデザインが多くて好き。でもその分丁寧に扱わないと壊れちゃうことも。3歳の娘に、自分の誕生日に買ったウン万円のプラチナ製ピアスをバラバラにされたことがあって……。それ以来高いアクセサリーは買わなくなった」(35歳女性)

・「お風呂に入る前に夫からのプレゼントのネックレスを外し、洗面所に置いておいたんだけど……お風呂から出たら、子供がそのネックレスを引っ張って遊んでいた。『あっ!』と叫んだときにはすでに遅しで、ネックレスは粉々……」(29歳女性)

▽ ピアスやネックレス、ブレスレットは引っ張られ壊されるリスクが大きく、小さい子供を持つ女性にとっては難易度が高いアイテムのようです……。

推しアイドルグッズ

・「大事な大事な推しグッズ。押し入れの奥に入れておいたんだけど……なぜか子供に見つかり、気づいたときにはぐっちゃぐちゃ。コレクションのDVDも傷だらけで見られなくなっちゃったし……。もう金庫にでも入れるしかないかなぁ」(31歳女性)

▽ これも深刻ですね……。はい、金庫に入れておいたほうがいいと筆者も思います。

2021.09.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 安藤 陽子

美容ポータルサイト・生活情報サイト・ファッションECサイトなどでライターや編集業を経験した後、フリーのライターに。現在、Googirl編集部のお手伝いもしています。得意分野は美容・ファッションなど。那覇市生まれ、埼玉育ち。 毎日の生活にちょっとだけ役立つ情報を、わかりやすく、興味を持っていただけるようお伝えしていきます!

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介