嫁の味方についてくれる! うれしかった姑エピソード【ポジティブ編】

2021.08.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

結婚したら心配なのが嫁姑の関係。とはいえお義母さんがいい人だったり、環境に恵まれていたりすると、良好な関係も築きやすいみたい。
そこで今回は「姑あるある【ポジティブエピソード編】」をご紹介します。


あまり干渉してこない

・「お義母さんは“家庭は夫婦で守るもの”という方針らしく、ほとんど口を出してこない。おかげで嫁姑トラブルになったことはないですね」(30代/主婦)

・「旦那の実家が遠いので、そもそも会う機会が滅多にない。旦那には言えないけれど正直ホッとしています」(20代/パート)

▽ 何だかんだ一番ありがたいのは、口を出しすぎないことだったりします。特に物理的に距離が遠いと、嫁としても気がラクなようです。こう考えると結婚と交際はやっぱり別物。自分が苦労しないためにも、結婚前に彼の家族について知っておくのは大事でしょう。

新鮮な食材を送ってくれる

・「米や野菜など、大量の食材を送ってくれること。しかもどれも新鮮でおいしいんです。食べ盛りの子どもがいるのでありがたいですね」(30代/主婦)

▽ 家計がピンチなとき、絶妙なタイミングで食材が届くと助かるもの。送料だってかかるのに、息子夫婦を思って用意してくれたことが伝わります。「本当にありがとうございます!」と何度もお礼を言いたくなりますね。

旦那ではなく、嫁の味方についてくれる

・「よく姑が家事にケチをつけてくるなんて聞くけれど、うちは一切ない。むしろ『うちの子本当に何もできないから、○○ちゃんには迷惑かけているでしょ?』など、私を気遣ってくれます。『あまり無理しすぎなくていいのよ』と言ってくれるのも支えになっていますね」(30代/パート)

▽ “姑=息子の味方”というイメージがありますが、そうでもない人もいるみたい。むしろ息子のダメなところをわかっているからこそ、嫁のフォローに回ってくれるようです。こういうお義母さんだと、いざというとき心からサポートしたいと思えますよね。

旦那や子どもがかばってくれた

・「チクチク嫌味を言う姑。もう我慢の限界だったのですが、あるとき旦那が『おふくろいい加減にしろよ!』と言ってくれました。姑もしどろもどろになり、それ以来小言が減りました」(20代/パート)

・「姑が私の料理にたいして『味が薄い!』と言い出した。私が『すみません』と謝っていたら、子どもが『ママのご飯はおいしいよ。おばあちゃんはなんでそんなこと言うの?』とかばってくれました。あのときは涙が出そうなくらいうれしかったです」(30代/主婦)

▽ 嫁姑問題が悪化するのは、ただ傍観する旦那にも原因があるもの。妻が言い返せないのはわかっているのですから、ここは旦那がビシッと言うべきでしょう。また子どもがママを守ってくれた頼もしいエピソードも。姑とはうまくいかなくても、またひとつ家族の絆を感じられそうですね。

2021.08.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介