こういうときだけ…!夫のパフォーマンスイクメンにイラッとしたエピソードvol.4

2021.07.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

いつもは家事や育児に無頓着なのに、ふとしたとき夫に「イクメンです」といったパフォーマンスをされると、妻はイラッとするもの。普段の生活を見ているからこそ、人前だけでイクメンぶっちゃって……なんて思うこともあるのではないでしょうか。
周りにイクメンアピールするよりも、妻に認められる父親や夫でいてほしいものですよね。ここではそんな、夫のパフォーマンスイクメンにイラッとしたエピソードを聞いてみました。

お菓子か動画でやり過ごす

・「私が家事で忙しかったとき、『俺が子どもをみておくよ』とドヤ顔をしてきた夫。どうやって見るのかと思ったら、子どもにお菓子をあげたり、YouTubeを見せたりしてやり過ごすだけだった。ご飯を食べる前におやつをあげてほしくないし、動画ばかり見せないで一緒に遊んでほしかったんだけど……」(30代/金融)

・「美容院に行くから子どもよろしくねと頼んだら、『任せとけ!』と頼もしい返事。家に帰って子どもたちに『パパと遊んで楽しかった?』と聞いたら、『ずっとYouTube見てたよ』と返事がきてびっくり。動画見る時間を制限させていること、知っているはずなのに!」(30代/看護師)

▽ 子どもを見るといっても、お菓子を与えるだけだったり、動画を見せっぱなしにして時間をつぶすだけだったりすると、「それは子どもを見ているとは言わない」なんて思ってしまいますよね。

2021.07.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介