こういうときだけ…!夫のパフォーマンスイクメンにイラッとしたエピソードvol.3

2021.07.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

いつもは家事や育児に無頓着なのに、ふとしたときに夫に「イクメンです」といったパフォーマンスをされると、妻はイラッとするもの。普段の生活を見ているからこそ、人前だけでイクメンぶっちゃって……なんて思うこともあるのではないでしょうか。周りにイクメンアピールするよりも、妻に認められる父親や夫でいてほしいものですよね。
ここではそんな、夫のパフォーマンスイクメンにイラッとしたエピソードを聞いてみました。

公園で勝手に遊ばせて自分はスマホ

・「休日に『子どもを公園に連れて行くよ』と言うので喜んでいたら、しばらくしてママ友から『子どもひとりで公園はさすがに危ないんじゃない?』って連絡がきて、慌てて行ってみると夫は公園のベンチに座ってずっとスマホをやっていたこと。子どものことには見向きもせずに放置。自分の子が友達と物の取り合いをしていても無視。これじゃあ父親ってわからないわ……」(30代/主婦)

・「自分の親や私の親には、子連れで公園に連れて行くのはしんどいって言いながらイクメンアピールをしているけど、実際は公園で子どもたちを放置したまま、自分はぼーっとスマホゲームをしているだけ。だから夫に子どもを任せたくない」(30代/パート)

▽ 公園に子どもを連れて行くだけで、父親業を終えたと思っているパフォーマンスイクメン。子どもと遊んだり、子どもの安全を見守ることができて初めて父親業と言うのですよね。

2021.07.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介