こういうときだけ…!夫のパフォーマンスイクメンにイラッとしたエピソードvol.1

2021.07.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

いつもは家事や育児に無頓着なのに、ふとしたときに夫に「イクメンです」といったパフォーマンスをされると、妻はイラッとするもの。普段の生活を見ているからこそ、人前だけでイクメンぶっちゃって……なんて思うこともあるのではないでしょうか。周りにイクメンアピールするよりも、妻に認められる父親や夫でいてほしいものですよね。
ここではそんな、夫のパフォーマンスイクメンにイラッとしたエピソードを聞いてみました。

義両親の前だけ張り切る

・「義実家に帰省したときのこと。いつもならまったくしないオムツ替えをせっせとやり、いつもつけない抱っこ紐も一生懸命つけながらイクメンアピールをしていた夫。義母から『最近の子はすごいね』と褒められてご満悦。
途中、抱っこ紐の付け方を間違えて焦っている姿を見てざまあみろって思ったのはここだけの話」(30代/看護師)

・「自分の実家ではかっこつけたいのか、イクメンアピールをする旦那。離乳食もあげたことがないのに『これ好きだよね』って言いながらかぼちゃのペーストをあげていてイラッとした。かぼちゃが好きなのは私が伝えたから知っているだけじゃん!
それを見た義母が『ちゃんとパパやっていて偉いねぇ。お父さんのときは……』って言っているのを見てますますイラッ」(30代/広告代理店)

▽ 普段からは想像もつかないようなパフォーマンスイクメンにはがっかり。ここぞとばかりに自分の親にいい父親アピールをするのはやめてほしいですね。

2021.07.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介