いつも穏やかなんてムリ! 育ててみてわかった「育児の理想と現実」

2021.01.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

子どもを産む前は「こうしたい」「こんな親になりたい」と思っていたことでも、いざ子どもを産むとなかなかうまくはいかないもの。「こんなはずじゃなかった」と感じたり、「もっとこうしたかった」と遠い目をする日もあるのではないでしょうか。なかなか理想通りにいかないのが現実。ここではそんな、育児の理想と現実を聞いてみました。

おしゃれなママに憧れていたけど…

「おしゃれなママに憧れていたけど、ムリだった。高い服を着ても汚されるし、服を買いに行く時間がないからほぼネットだし、でもネットだと試着できないから失敗したくなくて安っぽい服になるし。結果的に汚れてもいい安い服になり、動きやすくて機能性重視なので、とてもおしゃれとは言えない」(20代女性)

▽ おしゃれなママに、誰もが一度は憧れるもの。しかし服はすぐに汚され、外に行けば走り回る子どもについていくとなると、おしゃれよりも機能性重視になります。汚れが落ちやすい服、汚れても惜しくない値段の服、そして動きやすい服という選択になっていくのです。

いつも穏やかでいたかったけど…

「私の母がヒステリーだったから、私は子どもに怒鳴ったりしたくないと思っていたけど、結局怒鳴っている。静かにしてとか、何回言ったらわかるのとか、早く座ってとか。大きな声で言わないと聞いてくれないんだもん」(30代女性)

▽ いつも穏やかに子どもに教えたいと思いつつ、そこまで余裕がもてない現実。時間に追われ、毎日忙しく生活している親にとっては、いつも穏やかに話すのは理想ではあるけど現実的ではないのです。

テレビは見せたくなかったけど…

「テレビは見せないようにして育てようと思ったけど、子どもがテレビでも見てくれないと家事が全然手につかない状況。子ども向け番組の時間に朝テレビをつけてから、結局夕方までずっとテレビをつけっぱなしという毎日だよ……」(30代女性)

▽ テレビを見せずに育児をするのが理想ではありますが、現実はそうも言っていられないもの。テレビを見ている間くらいしか、ひとりでおとなしくしてくれる時間がないので、テレビをつけっぱなしにしているなんて家庭も少なくありません。

産後すぐ体型を戻そうと思ったけど…

「産後すぐにダイエットして体型を戻そうと思ったけどムリだった! そもそも子どもを育てていると運動をする時間もないし、唯一のストレス解消に手っ取り早いのが食べることだから、痩せるなんて無謀。ある程度自分の時間をとれて、余裕がある人でないとムリだと思う」(30代女性)

▽ 産後すぐに体型を戻そうと思うものの、ダイエットをする時間すらないというパターンが多いそう。子どもが寝たあとは疲れ切っていて、ダイエットする余裕もなく、ストレス解消は食べることだけなのです。

栄養バランスのとれた食事にしたけど…

「栄養バランスのとれた薄味の食事を作ろうと思っていたけど、子どもが偏食で全然食べてくれない。結果的に、手作りじゃないベビーフードとかレトルトばかりの毎日。もう食べてくれるならなんでもいいって思うようになった」(30代女性)

▽ 栄養バランスのとれた食事を心がけても、食べてもらえない現実もあります。食べてくれればなんでもいいという考えにもなるものです。

2021.01.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

小林リズム

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介