出産時の旦那がポンコツすぎ!? 一人で産んだほうがマシだと思った瞬間

2020.11.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

最近ではコロナの影響で立ち合い出産や面会ができず、不安な気持ちを抱えている妊婦さんも多いでしょう。しかし、旦那さんがいれば心強いというわけではないのかもしれません。今回は、「出産時にポンコツだった旦那さんエピソード」をご紹介します!
こんなことをされるくらいなら、一人のほうがだいぶマシかも……?

出産時のポンコツ夫エピソード

妻の病院食をおいしそうに食べる

「陣痛が痛すぎて病院の食事が出てもまったく食べられなかった。そしたら、旦那が『食べないの? もったいないよ』としつこくて……。食べたいなら食べていいよと言ったら、私の隣でおいしそうに食べていた。のん気な姿に腹が立ちました」(34歳・女性)

▽ こっちは食事どころじゃないのに、のん気にご飯を食べている旦那さんにイラっとしてしまうことも……。ご飯の心配の前に奥さんの心配をしてほしいですね。

暇だから…

「陣痛で苦しむ私に『ねぇ、まだ産まれないの? 暇だからご飯食べに行っていい?』って聞いてきて、もう帰れよって思った」(33歳・女性)

▽ 「やることないから暇じゃん?」なんて、よく言えますよね。一体、誰の子どもを産むと思っているのか……。

実母じゃなく義母を…

「陣痛が始まり、私は実母に付き添っていてほしかったので、旦那に『お母さんに連絡して!』と言った。そしたら病室に現れたのはなんと義母! そっちのお母さんじゃないし! 正直、いちばん来てほしくなかった……」(27歳・女性)

▽ 陣痛で苦しんでいるときに、気を使う義母に会いたいわけがありません。なぜそっちのお母さんを呼んでしまったのか……。奥さんの気持ちを考えず、自分が頼りたかっただけなんでしょうね。

明日だったら誕生日ゾロ目なのに

「初産で生まれてくるまで時間がかかり、私はもう死にそうだった。そしたら、旦那が『明日だったら誕生日ゾロ目じゃん! もう少し産むの待ったら?』って、この状況を見てよくそんなこと言えるな!」(32歳・女性)

▽ もう体力もなくなってきている奥さんに向かってなんて無神経なことを……! こっちでコントロールできるわけありません!

撮影に夢中で…

「『子どもが産まれる瞬間を絶対に撮影したい!』とワクワクしていた夫。苦しんでいる私の顔をアップで撮るし『水飲みたい!』って言っても『カメラ置くから待って』とかモタモタするし、本当迷惑だった……」(32歳・女性)

▽ 出産にたいしてやる気満々なのはいいですが、ちょっとズレているのです……。苦しんでいるときの顔なんて映してほしくないし、旦那さんができることはもっと他にありますよ!

いかがでしたか?「旦那さんが付き添ってくれて本当に心強かった」という意見ももちろんたくさんありますが「正直一人のほうがマシだった……」という人も。一人の出産は心細いですが、頼りになるお医者さんや看護師さんがしっかりサポートしてくれますよ!

2020.11.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

三井みちこ

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介