子どもよ…勘弁してくれ! 子育て中の赤面エピソード4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
MARIE

Written by:

2020.07.18.Sat

子どもの無邪気さが仇となり、とても恥ずかしい経験をしたことはありませんか? もちろん悪気があるわけではないので叱ることもできず、ただ気まずくなってその場から逃げ出したくなるのはママならよくあることですよね。
そんな子育て中の赤面エピソードをご紹介します。

大声で名前呼び

「最近4歳の息子が私の名前を覚えてやたらと呼んでくるんですよね。この前もお店で買い物をしていたら『○○ちゃん!』と大声で私の名前を呼んで、めっちゃ恥ずかしかったです。
普段から名前で呼ばせてる母親みたいじゃないですか?『こら、名前じゃなくて“ママ”でしょ!』と伝えましたが、まだ名前呼びブームは去っていません」(主婦・32歳)

▽ ちゃんとママにも名前があることを理解する年齢になってきたということですよね。名前呼びに妙にハマってしまうと所構わず大きな声で連呼するので、ママとしては恥ずかしくなりますね。

スカートをめくられる

「産後はゆったりと着られるロングスカートを好んで着ているのですが、これって子どもにとっては遊びの対象になるんですよね……。スカートの中に潜られたりめくられたり、外にいる時にやられた際はキレそうになりました」(パート・34歳)

▽ ひらひらとしたスカートはなんだか遊びたくなるのでしょうか? 家の中ならまだしも、たくさんの人がいるような場所で豪快にスカートをめくられた日には、もう笑うしかなさそうです。

めんどくさいことを暴露

「母親としてよくないと思うんですが、すぐに『めんどくさい』と言ってしまうんですよね……。そうしたらこの前義母たちと料理の話をしている時に、子どもが突然『ママ、おりょうりめんどくさいんでしょ?』と暴露して焦りましたね。
それからは子どもの前ではなるべくめんどくさがらずに頑張るようにしています」(パート・35歳)

▽ 日頃の口癖って子どもはよく聞いているものです。ネガティブな口癖だといつの間にか覚えて、言われたくない場所でいきなり暴露されるなんてことも。せめて子どもの前では楽しそうに家事をしたほうが自分のためかも?

おっぱいをマッサージ

「授乳を終えてから胸の形が悪くなってサイズも小さくなったんです。だからお風呂上がりにバストアップのマッサージを一生懸命しています。
ただ毎日そんな姿を見ている子どもは不思議に思っていたんでしょうね。ママ友と話している時に『ママっておっぱいをマッサージしてるんだよ!』と得意げに話すもんだから、ものすごく恥ずかしかったです。これからはこっそりやろうかな……」(ヨガ講師・34歳)

▽ 誰にも知られたくないことでも、子どもからしてみれば関係ありません。素朴な疑問として思ったことを言ったまでなのです。ただ恥ずかしいことはたしかですね……。
子どもの正直すぎる発言や行動は、時にママを困らせてしまうことがあります。でも何も悪びれることをせずに満面の笑みの我が子を見たら、その恥ずかしさもどこかにいってしまいますよね! とはいえ、恥をかくのはほどほどにしたいものですが……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

MARIE

モデル経験あり、2児のママをしている29歳フリーライターです。メイク・美容・ファッション・プチプラ・インテリアなどおしゃれなものが大好き!アラサー女子&ママ目線で役に立つ情報をお届けします。