いい加減にして! 初孫フィーバーで困らされたこと4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2020.06.27.Sat

家族に新しいメンバーが加わることってそんなに頻繁に起こることではありません。そのため結婚や出産となると、家族が本人以上にテンションが上がってしまうということもしばしば。特に「初孫」の誕生の時にはとんでもないことになりがち。
今回はそんな、初孫フィーバーで困らされたことあるあるを調査してみました。

初孫フィーバーで困らされたこと

古い子育て知識を押し付けてくること

「子育てのやり方って時代とともにどんどん変わっていますよね。それを理解していないせいか、古い子育ての知識を母親に押し付けられてかなり困りました。
もちろん、母として孫のために良かれと思ってやってくれているのはわかるのですが、こちらが注意をしても聞く耳を一切持たず、子どもが明らかに嫌がっていてもそれに気づいていないなんてことも結構ありますね。子育ての先輩として尊敬はしていますが、ちょっとはりきり過ぎです」(30歳・Mさん)

▽ 最新の子育て本をお母さんにプレゼントしたところで読んでくれなさそうです。

名前を決めたいと言って聞いてくれなかったこと

「義理両親が初孫の名前は決めると言って、聞いてくれなかったことです。旦那と説得しましたが『決めさせてくれないなら親子の縁を切る!』と言って大騒ぎして受け入れるしかない状況に。とてつもなく古臭い名前をつけられてしまいとても悲しかったです」(31歳・Sさん)

▽ 義理両親の2人も昔、同じ目に遭ったのでしょうか……。

赤ちゃんの口唇にキスをすること

「義理母が生まれたばかりの赤ちゃんの口唇に平気でキスをすることには、本当に困らされました。特に生まれたばかりだとまだそんなに免疫もないし……。
さらに義理母はペットの猫や犬にもしょっちゅうキスをしていることを知っていたので『あの犬にキスをした口で赤ちゃんにもキスしたよね!?』とうんざり。夫に注意してもらいましたが、おそらく私の見ていないところではこっそりやり続けていたはず」(29歳・Kさん)

▽ ペットと同じような感覚になってしまっているのでしょうかね。

欲しい物が一切買えないほど全て勝手に買われてしまった

「初めての子どものために、私自身もいろいろと赤ちゃんグッズの購入を楽しみにしていたのに、私が買う余地もないくらい、勝手に義理母はすべて赤ちゃんグッズを買ってしまっています。友達や自分の親に愚痴ると『ありがたいね!』と言われるものの、なんの相談もなしに買われてしまうと、ありがたみも半減……。
ブサイクな服や家のテイストに合わないベビー家具などがどんどん増えていっていて、収納スペースもありませんよ。まだ生まれてもいないのに!」(29歳・Rさん)

▽ 金銭的な援助をしてくれていると言えばそうなのかもしれませんが、せめて一緒にショッピングに行くとか、好みを聞いてくれるくらいはしてほしいものですね。

全く興味を持たれていないよりも良いのかもしれないけれど、あまりにも暴走されるのは本当に困る! みなさんはどんな初孫フィーバーに困らされましたか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。