忙しい働きママが大切にしている自分リフレッシュタイム4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2020.05.28.Thu

家事、育児、そして仕事と、働きママの毎日は目まぐるしい忙しさです。時にはストレスがたまって子どもに当たってしまったり、自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。
でもそんな忙しい働きママこそ、自分のメンタルを守るためにもリラックスタイムを必要としています。では皆さんどんな時間を過ごしているのでしょうか?

大切にしている自分リフレッシュタイム

深夜にひっそりドラマや映画視聴、マンガ読みで、日常のストレスを解放する

どんなに日常が忙しくても、そんな生活から解放される時間が少しでもあれば、忙しい働きママでも正気を保っていられるのです。そんな精神的ニーズを満たしてくれるのが、連続ドラマや映画の鑑賞、あるいはお気に入りのマンガなど創作の世界。
子どもたちも寝静まった深夜にひっそりと、そんな創作のフィクショナルな世界を満喫するのが唯一の楽しみというママもたくさん。手軽に非日常感を楽しませてくれる貴重なパートナーです。

スキマ時間を見つけてはお家ヨガで、心と体をリラックスさせる

母親になったからこそ、自分がまず健康でいることが第一、と強く実感する人も多いでしょう。そこで自宅でもできるヨガを始めてみると、これが予想以上に気持ちよくハマってしまうママもいます。
通勤、デスクワーク、日々の家事に育児、どれも毎日続ければ、体にも大きな負担になっているはず。そんな負担を少しでも軽くして、心身ともに健やかに過ごせるようヨガを続けることが一番のリラックスになっているのです。

子どもたちがいない時間に、こっそりスイーツとお茶で至福のおやつ時間

子どもたちのいる前ではなるべくヘルシーな食生活を心がけていても、ママだってケーキやチョコレートをどかっと食べたくなることがあります。
だから子どもたちがいるあいだはガマン、でもいなくなったすきにこっそり自分用にとっておいたスイーツとお茶で至福のおやつ時間を楽しむのがリフレッシュタイムになっているというママも少なくありません。ただしそのスイーツが子どもに見つかった時の言い訳も用意しておく必要があります。

ファストファッション、訳アリコスメ、お菓子などをネットで“ポチリ”

毎日睡眠時間を削ってまで働いて、子どものお世話をして、なんて働きママがストレスマックスになりそうな状態。そんな危機的状況を回避するべく、ネットショッピングでお買い物をするのがいい気晴らしになっているという人も多そうです。
ファストファッションで色違いを揃えたり、大幅値引きされた訳アリコスメ、あるいはまとめ買いでお得なお菓子などを“ポチリ”とする瞬間だけは全ての苦労やストレスから解放されます。

まとめ

仕事と育児の両立、いつになってもけっして簡単なことではありませんが、多くの働きママが頑張っています。だからこそママたちにもリフレッシュタイムが必要なのですが、いずれも自宅でできるようなことをうまく活用しているようです。家族が日々ハッピーに過ごすためにもママのリフレッシュタイムは欠かせません!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。