赤ちゃんって自由すぎる…子育て中に感じた理想と現実のギャップ4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2019.11.05.Tue

子育てはワクワクの連続! しかしその反面、うまくいかないことや、「こんなはずじゃなかったのに!」と思うこともたくさんあります。良い意味でも悪い意味でも、いろいろな意味で予想を裏切られる赤ちゃんとの暮らし。さて、それでは子育て中に感じた理想と現実のギャップに迫ってみることにしましょう。

新米ママたちのリアルな声がこちら!

(1)赤ちゃんはよく寝るもの?

「『うちの赤ちゃん、いつ寝てるの?』ってくらい寝ないんです。昼寝もしないし、夜泣きもひどいし……」(32歳/フリーランス/女性)

▽ 赤ちゃんって一般的にはよく寝るものだと思われていますよね。リサーチしてみたところ、とてもよく寝る赤ちゃんも多いようなのですが、あまり寝ない子もたくさんいるようです。個人差が大きいものなのかもしれませんね。

(2)離乳食の食べが悪い!

「一生懸命バランスを考えて作った離乳食。口に入れてあげても、舌でベーッと押し戻されてくる光景は何度見てもやりきれません」(31歳/フォトグラファー/女性)

▽ 大人用のご飯を用意するよりも手間ひまのかかる離乳食。喜んで食べてくれれば一番良いのですが……。食の好みの問題なのか、ただ単に食が細いのか、いずれにしてもあまり食べてくれないことに頭を抱えるママさんたちは、どうやら少なくないようです。

(3)肌も髪もボロボロに…

「出産前はいつまでも若々しくキレイなママでいようと思っていたのに、肌も髪も体型もボロボロです」(27歳/接客/女性)

▽ 赤ちゃんのお世話はとっても大変。1日の大半を取られてしまいます。赤ちゃん中心のライフスタイルの中で、スキンケアやヘアケアにまわせる時間の余裕なんて、ほとんどのママにはないのです。

(4)おんぶで家事は“できない”!

「首がすわったからおんぶをしながら家事ができると思ったのに、バタバタと動かす手足が邪魔で家事が進まないんです。あと、耳のそばで全力で泣かれるのも地味につらい」(31歳/不動産/女性)

▽ 家事をしているとき背中でおとなしくお昼寝をしてくれれば、時間の節約になりますよね! 実際、そのように考えるママさんたちは多いようです。しかし現実はそううまくはいかないもの。多くのママさんたちは、背中に赤ちゃんをおんぶしたまま家事ができるわけないと、何回もチャレンジをしたあとに悟るのです……。

百聞は一見に如かず!?

「なんとなく聞いたことはあるけど、本当にそうなんだ」という内容が多かったように思います。でも、いくらそう言われても、実際に体験してみないとわからないことって多いんですよね~。
その反面、子育て経験者のかたは「どれもわかる!」と思わず共感してしまう内容だったのではないでしょうか? 子育てに限ったことではありませんが、何事においても“百聞は一見に如かず”ということなのかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子