ついつい熱血指導…。子育てで必死になりすぎて反省したこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
MARIE

Written by:

2019.06.17.Mon

子育てをしていると、いつのまにか必死になりすぎてしまうことってありませんか? よかれと思って頑張っていたつもりが、気付けば一人で空回り……。本来大切にしなくちゃいけないことを忘れていたり、よくよく考えたら意味のないことだったりと、反省モードに突入してしまうママも多いことでしょう。
でもそれって「子育てあるある」だったりもするのです。そんな必死になりすぎて反省したできごとをご紹介します。

UFOキャッチャーで…

「子どもとゲームセンターに行って、何の気なしにUFOキャッチャーをやってみた。子どもが好きなキャラクターの大きなぬいぐるみだったから、いつのまにかスイッチがON。なんども両替をして1時間近くねばってようやくゲット! 子どもは喜んでくれたけど、ムダ遣いしすぎて反省」(専業主婦・33歳)

▽ UFOキャッチャーってやり始めると急にスイッチが入ってしまうもの。「おそらくこんなにお金かけなくても、普通に買えば安く済むのでは?」という考えが頭をよぎりつつもやめられず……。かなりの出費になってしまい後々反省してしまうのです。

写真映えを狙いすぎて…

「とある写真映えがするというフォトスポットに行った時のこと。子どもを立たせて写真を撮るもイマイチ。『せっかくなら素敵な写真を撮りたい!』と思ってあれこれポージングさせたり指示を出していたら、子どもがグズり始めてしまった。モデルでもないんだしそんな要求してもかわいそうなだけだったよね……」(パート・33歳)

▽ つい気合いが入ってしまう写真を撮る瞬間。しかもフォトスポットのような場所だと、とっておきの1枚を撮りたいがために子どもに指示を出しまくりなんてことも。冷静に考えると親の自己満でしかないですが、何としてもベストショットを狙いにいくのは今の時代的に仕方のないことなのかも?

旅行のスケジュールを詰めすぎて…

「久しぶりの旅行にテンションが上がって、旅行プランを練り練り。家を出る時間からどこでお昼を食べて、どんな場所に観光に行くかをびっちり計画していざ当日! 神経質な私は計画通りに動きたいから旦那や子どもにもそれを求めてしまい、結果イライラして険悪ムードに。子連れ旅はゆったりプランが一番だと思い知らされました」(パート・30歳)

▽ 旅行に行くなら計画を立ててその通りに行動したいものですが、子連れ旅行で完璧を求めてはいけません。というよりも、計画通りにいくことは不可能に近く、何かしらトラブルが起きたりハプニングがあるもの。余裕を持ったプランを考えて子どもが楽しめる旅行を目指しましょう。

つい熱が入りすぎて…

「娘が跳べないというので、公園でなわとびの猛特訓! 幼稚園ではみんな跳べるようになってきたと聞いて母である私も焦り始め、つい指導するのにも熱が入ってしまった。いつの間にやらスパルタ指導になってしまい、あげく娘もメソメソし始めて我に返った経験があります」(フリーランス・30歳)

▽ 運動系を教える時はスパルタになってしまう人も多いのでは? 子どもながらに一生懸命頑張っているので優しく応援してあげるべきなのですが、つい熱血魂に火がついてヒートアップ。子どものやる気を奪わない程度に教えてあげましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

MARIE

モデル経験あり、2児のママをしている29歳フリーライターです。メイク・美容・ファッション・プチプラ・インテリアなどおしゃれなものが大好き!アラサー女子&ママ目線で役に立つ情報をお届けします。