子育てママが陥りやすい「自分をさらに疲れさせていること」って?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
MARIE

Written by:

2018.08.16.Thu

子育ては幸せで楽しいこと。それはわかっていても現実はそれどころか、忙しすぎる大変な毎日でクタクタになっているママがほとんどだと思います。そんな子育てママが陥りやすいのが、“自分をさらに疲れさせてしまう”ということ。考え方や行動を変えないと、育児ノイローゼにもなりかねません。ひとつでも当てはまればすぐ改善するようにしましょう!

自分をさらに疲れさせていること

1. マニュアル通りの子育て

一人目の子育ての時に陥りやすいのが、マニュアル通りの子育てにとらわれすぎてしまうということ。初めての子育てはわからないことだらけで、頼りになる存在が育児書やネットの情報。タメになることも多いですが、その通りにやらなくてはいけないとつい頑張りすぎてしまいます。また子どもの成長に差があることを知って焦ったり不安になるなんてことも。あくまでも育児書の情報は参考程度にして、目の前にいる子どもと向き合って自分らしい子育てをすればいいのです。

2. 必要以上に怒る

子どもが成長してくると怒ることも増えてきますよね。幼稚園児くらいになると礼儀やマナーなども教えていかなくてはいけないので、他人に迷惑になることをしていたら怒ることも必要になってきます。ただ普段の何気ないことにまで大声で怒っていたらそれは無駄に自分を疲れさせているだけ。子どもにとってもよくない上に、必要以上に大声を張り上げているのって、後からどっと疲れが押し寄せます。子育ては感情的になりやすいことも多いですが、できるだけ冷静でいることを心掛けたいですね。

3. すべて自分で抱え込む

子育てはママ一人だけがしなくてはいけない? そんなことは絶対にないですよね。たしかに細かなことも含めるとママに負担がかかっているのが現実ですが、それが当たり前だと思ってすべて自分で抱え込む必要はありません。旦那や自分の両親、託児所やシッターなどに預けてもいいのです。数時間だけでも子どもと離れた時間を過ごすととてもリフレッシュできますよ。疲れ切ってしまう前に、もっとまわりに頼ってみましょう。

4. 母親はこうあるべきと思うこと

母親なんだから、“1日3食バランスのとれた食事を作って家事も育児も完璧にできてこそ理想の母親になれる”と思い込んでいたら、それは疲れてしまう原因です。そんな完璧な姿を目指していたり、母親を理由に我慢ばかりしていたらいつか爆発してしまいます。ママだって一人で映画を観に行ってもいいし、メイクやおしゃれを楽しんでもOK。誰かが勝手に作り上げた理想の母親像は気にしないようにしましょう。

5. 時間がないから諦める

子どもがいるとなぜだかわからないくらい時間が過ぎるのが早いと感じませんか? 1日がバタバタとあっという間に過ぎていって自分の時間をなかなか確保できないですよね。でもそこで諦めると疲れが溜まる一方です。10分でもいいので自分の時間を意識して作るようにしましょう。ティータイムやマッサージタイムなどを1日のどこかに入れて少しでも息抜きをするようにして、こまめにストレス発散をしてくださいね。

ストレスを溜めない工夫をしよう

子育ては体力勝負な所があるので、疲れるのは仕方ありません。でもリフレッシュすることやまわりの力を借りながらでないと、余計に疲れてしまいます。ママが笑顔でいることが子どもにとっては何よりもうれしいこと。自分らしい子育てを楽しみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

MARIE

モデル経験あり、2児のママをしている29歳フリーライターです。メイク・美容・ファッション・プチプラ・インテリアなどおしゃれなものが大好き!アラサー女子&ママ目線で役に立つ情報をお届けします。