お風呂嫌いの子どもが嘘のように楽しめるようになるテクニック!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2018.07.15.Sun

2~3歳のイヤイヤ期は水を怖がったり髪を洗うのをいやがるなどお風呂になかなか入ってくれないという悩みは多いです。
そんなとき、いやがるお風呂が嘘のように楽しめるようになるテクニックを身に付けておくと子どもの不安も取り除け、ママ自身もとても楽になりますよ。

お風呂が好きになるテクニック

お風呂用おもちゃ

お風呂用のおもちゃを買うのもよいですが、ペットボトルやプラスチック製のものを使って、カラーテープや油性マジックで絵を書いたり貼ったりして、一緒に手作りおもちゃを作ってみては? 「ここに水を入れたらどうなるかな?」などお風呂で使ったときの楽しみを妄想させましょう。自分で作ったおもちゃで遊んでみたいという意欲でスムーズにお風呂に入らせることができます。

泡を楽しむ

入ったはいいけど頭やからだを洗いたがらない子も多いです。そんなときは、ママが泡遊びをして興味を持たせましょう。洗髪のときに泡でソフトクリームヘアを作ったり、体にたっぷり泡をつけて泡の洋服を作ってみると、子どもも興味がわき、やってみたい! という気になってくれます。

入浴後の楽しみを作る

「お風呂からあがったら牛乳を飲もうね」「○○ごっこしようね」などお風呂後の楽しみを作ってみましょう。お風呂後、親子での楽しみがあると意外と素直に入ってくれますよ。

プール感覚で入らせる

プール用のキャップやゴーグル、浮き輪などを用いてみましょう。たまにプール用具を用いると喜んで入ってくれます。とくにこれからの季節は昼間、実際にプールとして遊んでみるのもいいですね。お風呂ではなくプールに入ろうと用語を変えるだけでも反応が違ってきますよ。

水を嫌がる場合はミニ風呂で

浴槽ですべった、洗髪していたら目に入ったなどの理由でいきなりお風呂をいやがるようになる場合もあります。私はこれで何度も悩まされました。
そんなときに無理に入らせると余計トラウマになるので、1~2日はバケツにお湯を入れミニ風呂と題して足湯をさせましょう。ミニ風呂に入れたら褒めてあげてください。その後、全身ホットタオルで拭いてあげてください。1~2日入らなくても病気になるわけではないので、先にトラウマを忘れさせることのほうが大切です。

自宅以外のお風呂を体験してみる

いやというときは頑なに入ろうとしないですよね。それが続く場合、週末など家族の休みを使ってみんなで銭湯にでかけてみましょう。大きなお風呂や露天風呂、ジャグジーなどアトラクション感覚で誘導し、楽しむことで家のお風呂も自然といやがらなくなります。お風呂のイヤイヤ期に銭湯はとてもおすすめです。

いかがでしたか? ダメなときはなにをやっても入ってくれないことが多く、ママも頭を抱えますよね。このテクニックを日替わりに取り入れてみてください。きっといつの間にかお風呂嫌いから大好きに変わっているでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/