これさえあれば安心! 出産前に準備しておくべきベビーグッズ【前編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
國塩亜矢子

Written by:

2015.06.29.Mon

ちまたにあふれるベビーグッズ――。本当に必要なものはなんなのか、出産前に最低限買っておくべきものはなんなのか、混乱してしまいますよね?
そこで今回は「出産前にこれだけは買っておくべし!」というベビーグッズについて筆者の体験をもとにご紹介したいと思います。

1: 赤ちゃん用爪切り

出産直後からどんどん伸びる赤ちゃんの爪。なんと、2~3日に1回の頻度で爪を切る必要があります。「こんなにも頻繁に爪を切らなきゃいけないの!?」と、びっくりするママが多いようです。小さな手の先の、小さな指の先にちょこんとついている小さな赤ちゃんの爪。はじめは切るのもなかなか怖いもの。ですが、赤ちゃんは自分の顔をよく引っかくのでちゃんと切ってあげないと顔や目を傷つけてしまうことに。入院中は助産師さんにお願いすれば切ってくれますが、退院後もすぐに必要になります。先が丸くなっている赤ちゃん用の爪切りバサミをかならず用意しておきましょう。

2:ガーゼ

思っている以上にたくさん使うのがこれ! 適度な薄さで柔らかいガーゼは、とくにデリケートな新生児のお肌に触れるのに安心です。お風呂で顔や体を洗ったり、授乳後に口まわりを拭いたり――これからの季節は汗を拭いてあげるのにも大活躍。沐浴で洗いにくい赤ちゃんの耳のうしろは、濡らしたガーゼでそっと拭いてあげるといいですよ。耳のうしろは意外と赤が溜まりやすいのでしっかり拭いてあげましょう。ガーゼは生まれた直後から1歳をすぎてからも、毎日本当によく使います。洗い替えも考慮して最低10枚は用意しておきたいですね。

3:バスタオイル

「タオルはよく使うよ~」とは先輩ママさんたちからよくきいていましたが、思っていた以上に本当によく使います。カラダを拭く、お包みにする、お布団代わりに敷いたり掛ける――。何通りにでも使えるバスタオルは本当に重宝します。夏場はとくに、赤ちゃん用の布団セットがなくてもバスタオルさえあればOK! 赤ちゃんのお肌に優しいオーガニックコットンや安心の国産タオルであればより安心。今使っているバスタオルに加えて、赤ちゃん用として新しく3~5枚準備しておくことをおススメします!

4:オムツ、おしりふき、蓋付きごみ箱

オムツは入院中にいろんなメーカーの試供品を試せることが多いので、赤ちゃんのサイズやママの使いやすさで選ぶとよいでしょう。同じ「新生児用」でもメーカーによって若干サイズが異なります。1日があっという間にすぎ、ごみ箱はオムツですぐにいっぱいになります。匂いをおさえる蓋付きのごみ箱がオススメです。赤ちゃんにも優しい、ハーブなど天然素材がベースの消臭スプレーやルームスプレーがあると助かります。

後編

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

國塩亜矢子

インナービューティー料理研究家・フードコーディネーター 「インナービューティー」を軸とした自宅での少人数制レッスン、メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ、「正しい食のあり方」×「美」についてのエッセンスを伝えている。出産後は離乳食レシピや妊活・マタニティ・授乳ママレシピの開発にも積極的に取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを幅広く発信中。 女子栄養大学認定・食生活指導士1級 日本野菜ソムリエ協会認定・べジフルビューティーアドバイザー、調味料ジュニアマイスター、キッズキッチンインストラクター
★著書「決定版!節約・冷凍レシピ」(宝島社)
★ブログ:「旬食美人学~Let's enjoy meals & beauty !~!」 http://ameblo.jp/ayablo-1220/
★HP:「旬食美人学」 http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/