臨月の最終チェック! ママになる準備はOKですか?

2013.12.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

臨月とは妊娠10ヶ月目に当たり、妊娠36週から39週目までを指します。臨月を迎える妊婦さんはマタニティー生活もいよいよ終盤。お腹も一気に出てきて出産までいよいよですね。今回は出産直前の安心した出産に向けてのチェックポイントについてお伝えしていきます。

出産の予兆を知ろう

出産の予兆はおもにこの3つから始まります。

・おしるし
・破水
・陣痛

しかし、この3つどれが最初に始まるのかは人によってさまざま。また、おしるしがあってもすぐにお産が始まるとも言えないのです。生まれてくるタイミングは赤ちゃんが決めるのです。

最終チェックは済んでいますか?

臨月の中でも37週からは「生期産」と呼ばれ、赤ちゃん次第ではいつ生まれてきてもいいよという時期。ママも毎日今か今かとドキドキですよね。
この時期のママのチェックポイントは、

・通院(妊婦健診)が週に1回になる
・産院までの交通手段の確認
・出産の予兆や体の変化を見逃さない
・無理な外出や一人での外出は控える
・バースプラン(産むときのこと・産んだ直後のこと)を先生、助産婦さん、家族に再確認
・最後の追い込み! 体重増加に注意!

ということ。
この時期の赤ちゃんも生まれる直前まで成長を続け、正期産の段階でいよいよ4等身に! そして生まれる準備に向けて骨盤内まで下りてきます。子宮の入り口に頭を付けたらスタンバイOK。赤ちゃんもお腹の中で生まれてくるために頑張っているんですね。

臨月にしておきたいこと

出産後は慣れない育児や出産を経験した興奮などから、なかなか生活が落ち着くまでに時間がかかります。そこで産後の自分が焦らないように、臨月のうちに、母乳のために産後苦戦するママが多いおっぱいマッサージの開始や、内祝いの検討など負担なくできることを始めておくと良いでしょう。
今までのエコー写真のアルバムを作ったり、ベビー用品を手作りしたり、ゆっくり夫婦水入らずの会話も産後はなかなか思うように時間が取れず難しくなってくるため、自分がこれはやっておこうと思ったことは、負担のない範囲で積極的に楽しんでおきましょう。
そして最後に誰もが望む「安産」。臨月になると食欲が増してたくさん食べられるようになるママが多いですが、急な体重増加は禁物。体重が規定よりも増加すればするほど、ママにも赤ちゃんにも負担がかかりお産が長引いてしまう可能性もあるからです。

正期産に入ったら「ママは準備OKだよ」と赤ちゃんにやさしく話しかけるなどして、リラックスして待ちましょう。ママの緊張は赤ちゃんにも伝わり、お産に影響するということも。肩の力を抜くことが赤ちゃんの負担も軽くします。安産に一番効果的なのは誕生を楽しみに心から「リラックス」をすること。
なかなか経験することのない貴重なマタニティー生活、残り僅かも十分に楽しみましょう。

2013.12.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介