産後ママの悩み。つまめる食材で母乳不足を解消?!

2013.07.04

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

女性の体は赤ちゃんを産んだ出産から2~3日後から自然と母乳が出てくるものです。しかし、中には十分に出ない方も多くみられます。望むならば産まれた我が子に栄養をきちんと届けてあげたいですよね。本日は、母乳不足を解消!忙しい産後にも、低カロリーでつまめる食材から母乳を出してくれる効果のあるものをご紹介いたします。

母乳不足の原因って?

母乳で悩むほとんどが初産のママに多く、その原因は乳腺や乳頭の異常のほか、栄養不足や過労、精神的ストレスなども大きく影響します。産後はママの体力も低下気味。ゆっくり休むことも難しいですが、授乳期には、十分な休養をとって少しの暇にリラックスすることが大切です。
また、産後ママは一番先にダイエットをして妊娠太りを戻したいと思うがゆえ、栄養不足に陥り、母乳不足にも。それだけでなく、産後ダイエットのしすぎは母乳の栄養素にも影響が出てきてしまいます。

ヘルシー食材で母乳不足を解消!

ごま

美容と健康にも良いごまは産後ママにも良いことがたくさん。ごまは、産後の体調を整えるほか、母乳の出をよくする効果があるだけでなく、産後に不足しがちな鉄分やカルシウムを補い、ママの栄養補給にも最適な食材なのです。また、韓国や中国では出産前後にごまを進んで食べる習慣があるのだとか。ご飯にふりかけたり、ごまだけをつまんで食べたりと積極的に食卓に取り入れてほしいです。

かぼちゃの種

中国ではかぼちゃの実よりも種のほうがよく食べられているほど健康食。種子は栄養価がとても高く、母乳の出を良くする効果があります。おやつにもなるので小腹が空いたらつまんで食べられるのも魅力です。また、種を煎じたお茶は、産前産後のむくみをとってくれることから産前のむくみやすい時期はもちろん、産後のスリムを目指すママにもおすすめ。

えんどう豆

えんどう豆は、病後・産後の回復・母乳の分泌に効果があると言われており、特に注目したいのが母乳の出と質を上げてくれるということ。妊娠中のむくみを改善してくれる効果もあることから、産前産後ともに積極的に取り入れてほしい食材です。

たんぽぽ

昔から、たんぽぽの根を食べると、乳質の改善・分泌量の調整に効くと言われております。サラダやおつまみの一品に取り入れたいものですが、たんぽぽ自体を毎日継続的に摂るのは難しいので、たんぽぽの根を原料に使用しているたんぽぽコーヒーがおすすめです。ティータイムにリラックスしながらコーヒーを楽しむと効果も倍増。もちろんノンカフェインですので授乳中でも安心ですね。

水分補給(水)

水分補給をすると、母乳の出がスムーズになると言われています。私も母乳不足で悩んでいましたが、その原因は水分不足による母乳の詰まりでした。産後は乳腺もスムーズではないため、水分をとってあげないとどんどん詰まってしまうのです。油ものや甘いものも母乳を詰まらせる原因になるので、一緒に水分を補うと良いですね。目標は一日1リットル以上、お茶やジュースではなく、水を積極的に摂りましょう。

まとめ

嬉しいことにこれらは全て低カロリー。産後ダイエットを目指すママにも一石二鳥な食材です。慣れない育児でのストレスや夜中の授乳による睡眠不足などがあるので、ストレスフリー、十分な睡眠は難しいかもしれません。しかし、一日3食の食事の栄養のほかに、これらを積極的に摂取することは出来ますね。ヘルシーにつまんで母乳不足を解消しましょう。

2013.07.04

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介