ナチュラルに見せかけて盛れる「隠し盛りメイク」がモテると話題!

2015.11.02

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

ガッツリ上下アイラインにバッチリマスカラ……キメメイクはもう古い! ここ1~2年、アイメイクはシャドウのみに素肌も薄付きCCクリームといったナチュラルメイク思考がはやっていましたが、この秋ついに変化が……。ナチュラルさは変えず、ベースメイクを盛ることで「上品な魅力」「美しいオーラ」が生まれたちまちモテ顔になれる「隠し盛りメイク」が話題になっています。一見、薄付きでナチュラルな清楚系、でもセクシーさや知的度が隠れている盛りで美人度をアップさせましょう。

隠し盛りするのはベース

これらの5つの隠し盛りアイテムで美人顔を作ってみましょう。画像を参照しながらぜひやってみてくださいね。

1. ハイライト下地

顔の中でも出っ張っている部分は光が集まるため、そこに肌を1トーン明るく輝かせる下地を使うことでそれを再現し白く明るく見せます。立体感を出したい眉間やクマやくすみ、そしてくぼみをカバーしたい目元に部分使いするのがマスト。上下のまぶたと眉間~鼻筋に伸ばします。

2. シェーディング

フェイスラインを引き締めて小顔に魅せるシェーディング。顔より暗い色をのせることで輪郭が引き締まって見えるだけでなく顔全体を立体的に演出するため、上品さやセクシーさを出すことが可能。ポイントは顔のまわりをグルット囲むのではなく、引き締めたいところのみ部分使いすること。耳の前からこめかみとエラの部分へ伸ばしてなじませます。

3. 練りチーク

今年ブレイク中の練りチークはこの秋もマストアイテム。チークは顔を彩るメイクアイテムですが、練りチークはそれだけでなく肌に溶け込むので透明感を高めるベース作りうってつけ。頬にプラスするだけで肌が健康的に、透明感あふれて見えます。

4. ルースパウダー

細かい肌のアラをカバーし、ナチュラルに肌の完成度を高めて美人印象を底上げしてくれる隠し盛りにピッタリのアイテム。キラキラせずに肌に溶け込むパウダーを選ぶのが正解! 顔全体にパフやブラシでごく薄くのせていくだけでさりげなく透明感がアップ。くすみやすく崩れやすい小鼻や目の際などは丁寧に。

5. 細ハイライト

シャープなメリハリを付けるだけでなく、ふっくらとさせるところは女性の丸み感を出せる万能アイテム。若く女性らしい顔は目元や口元がふっくらとしているのが特徴。
上唇の富士山になっている部分、目頭のくぼみ、鼻筋上部にほんの少し細くハイライトをのせることで全体にメリハリ感が生まれるだけでなくその部分に丸み感を出せるので女性らしい上品な顔立ちに仕上げることができます。

まとめ

ファンデーションをただ塗るなんてもったいない! 塗る前後に少しだけ「盛る」だけで、肌はもっとキレイになるだけでなく、小顔で美人顔になることができます。男性陣には決して気づかれない隠れ盛りならナチュラルにモテ度アップできますよ。

2015.11.02

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介