本当にうちで働きたいの? 私が「採用面接」を担当したとんでもない人vol.4

2023.01.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

採用面接と聞くと、前のめりになって自分をアピールする印象があるもの。お互いに選ぶ側とはいうものの、やっぱり会社のほうに自分を選んでほしいという気持ちが先立ちますよね。そんななかでも、常識はずれで会社の人事もびっくりするような人が採用面接にやってくることもあるようです。
ここでは1つ、「ファッション」に面接官が仰天したとんでもパーソンをご紹介します。


露出がすごい

「うちは業界的にも服装はわりと自由なほうだけど、それでも露出度が高すぎる格好で面接にこられると、ちょっとな……って思う。この前の人はざっくりと胸元があいていて谷間も見えていて、超ミニ丈のスカートを着用。肩も謎にざっくり開いていて、クラブ帰り? って思うファッションだった。でも、こういう人ほど落とした理由を服装にするとセクハラって言いそうだよね。やんわりとお断りしたよ」(30代/広告代理店)

▽ カジュアルなファッションでもOKな会社とはいえ、露出度が高い格好は仕事着ではないもの。TPOを勉強するところから始めてほしいですね。

2023.01.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

はくまい

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介