これだからブームは嫌!「生粋のサウナー」が煩わしく思うこと【第1話】

2022.12.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

最近では空前のサウナブームと言われ、今まで興味のなかった人たちも積極的にサウナを楽しむようになってきました。サウナの魅力を語る人や、定期的にサウナに通い始めている人も多いのではないでしょうか? そんななか、ミーハー心でサウナブームに乗ろうとすると、生粋のサウナーたちに迷惑をかける可能性もあります。
ということで今回は「生粋のサウナーが煩わしく思うこと」から1つ、「体がぬれたままサウナに入らないでほしい……」という方の声をご紹介します。


体に水滴がついたままサウナに入る

「サウナ初心者なのか、何も知らずに湯船からあがったびちょびちょの状態でサウナに入ってくる子たちが多くて困惑。この前は4人組の若い子たちがびしょぬれの状態でサウナに入ってきてびっくり。しかも全員タオルも持っていないから、流れた汗もそのまんま。サウナ中がぬれちゃって、これでなんとも思わないのかな? って。
最近ではそういう人も増えているのか、サウナのドアのところに『体を拭いてから入ってください』って貼り紙をされるようになってたよ」(30代・看護師)

▽ ぬれたままサウナに入って座るのは、椅子がぬれて不衛生ですよね。また、タオルを持ち込まずにいるのも周りに汗を飛び散らせてしまう可能性もあるのでNG。体は拭いてから入るのが鉄則です。

2022.12.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

いしいぬ

Illustration by