本気で泣いたわ! ピュアな子どもに酷すぎた親からの罪深きセリフvol.3

2022.11.28

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

子どもって純粋だからこそ、すべてを本気で受け止めてしまいがち。そのため相手からすると深い意味がない、もしくは冗談のつもりで言った言葉だったとしても、ショックで混乱することもあるでしょう。
今回は「子どもの頃、親に言われて悲しかったセリフ」の中から1つ、「母親の子ども時代と比べられて傷ついた」という方のエピソードをご紹介します。


「ママが同じ歳のときにはできていたよ」

「母は教育熱心なところがあって、早くから私に勉強や運動を教えていました。だけど要領の悪い私はついていけなかったんですよね。
ある時期、毎日公園で逆上がりの練習をしていたのですが、どうしてもできなくて。半ベソをかいていたら母が『ママが○○(私)と同じ歳のときにはできていたよ?』と言ってきたんです。それがどうしても責められているように感じてしまい、『できないものはできないんだもん!』と号泣。母は驚いたようで、その日以来私のペースに合わせてくれるようになりました」(30代/女性)

▽ お母さんは奮い立たせるつもりだったのでしょうが、どんなことであれ比較されるのって複雑ですよね。熱心に教えてくれてありがたい反面、あまりに過酷だと泣きたくなるでしょう。

2022.11.28

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367