夜の仕事で出会った「痛客」がやばい! 勘違いしている言動とは?vol.1

2022.06.28

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

キャバクラなど、夜の世界に現れる「痛客」。いつも笑顔のキャバ嬢さんたちですが、内心「早く帰らないかな……」とウンザリしていることも……。
今回は、そんな「痛客あるある」の中から1つ、「自称『若くてイケメン』な客はやりづらい……」という声をご紹介します。

自称「若くてイケメン」な客

「うちの店に来るお客さまは、比較的年齢層が高め。たまに若い男性が来ることもあるのですが、そういうお客さまの中には勘違いした人も多いんですよね。『いつもおじさんの相手ばっかりして、俺みたいな若くてイケメンの男が来るとうれしいでしょ?』みたいなことを言ってくる人もいます(笑)。正直、やりづらいですね……。そういう人に限って、女の子にドリンクを飲ませないとか、とにかくケチ。
私の場合ですけど、年齢とか見た目とかどうでもよくて、気持ちよくお金を使ってくれるお客さまがいちばん好きですね」(24歳・女性)

▽ 若くてイケメンだろうが、同じお客さまに変わりはないですからね。どんなに見た目が素敵でも、女の子にドリンクを飲ませないのってどうなんでしょう……。結局のところ、楽しくお金を使ってくれるお客さまが一番喜ばれますよね。

2022.06.28

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

ちー

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介