私は絶対こうならない! 反面教師になった親の言動とは?vol.3

2022.02.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

子どもの頃は、親に育てられることが当たり前すぎて親の言動に疑問を思っていなかったことも、大人になると「あれってやっぱりおかしかったな」と気づくことってありますよね。過去を振り返って「今思い出してもあの言葉は言ってはいけなかった」なんて思うこともあるでしょう。
ここではそんな、自分にとっての反面教師になった親の言動を聞いてみました。


宿題中に「こんなこともわからないの」

「数学が苦手で赤点をとってしまったことがあって、家で追試の勉強をしていたんだけどわからなくて。お母さんに勉強を教えてもらっていたら、どこがわからないのか自分でもわからなくなって混乱。お母さんが呆れたように“なんでこんなこともわからないの?”って言ってきて、私はもう数学はいっさいやらないと決めたことがあった。子どものやる気を親は簡単に削ぐことができるって、親になってからもたびたび思い出す」(30代/IT)

▽ 子どものやる気を削ぐような言葉をかける大人にはなりたくないですよね。その言葉によって、子どものやる気や自己肯定感が失われてしまいます。

2022.02.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介