私は絶対こうならない! 反面教師になった親の言動とは?vol.2

2022.02.11

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

子どもの頃は、親に育てられることが当たり前すぎて親の言動に疑問を思っていなかったことも、大人になると「あれってやっぱりおかしかったな」と気づくことってありますよね。過去を振り返って「今思い出してもあの言葉は言ってはいけなかった」なんて思うこともあるでしょう。ここではそんな、自分にとっての反面教師になった親の言動を聞いてみました。


思春期の子どもに「太った?」

「中学生の頃、すごくお腹がすいてたくさん食べすぎて太ってしまった時期があった。自分でも容姿の変化に落ち込んでいたし、思春期なだけあってすごく自信もなかったのに、お父さんが親族の集まった席で大声で“太ったよなぁ?”と笑いものにしてきてショックだった。私は絶対子どもに容姿についてプラスの言葉以外何も言わないって決めてる!」(30代/公務員)

▽ ただでさえ自分の外見を気にしがちな時期に、太った? なんて言われたらトラウマになってしまうもの。その言葉がきっかけで病気になってしまう可能性もあります。言葉の選び方には注意してほしいものです。

2022.02.11

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介