Always神経全開!“気にしいさん”あるあるvol. 3「待たせることが苦手」

2021.09.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

あの人にどう思われるか、あの人に悪いことしていないか……。誰かへの気遣いは大切ですが、そのバランスはなかなか難しい。冒頭のようなことを思い、“気にしいさん”と自分で思ったり、周りに言われたりすることはありませんか? そんな気にしいさんあるある、レストラン編、デート編、ショッピング編、そして電車編の連載です。

ポイントカード見当たらなければ即諦め

「待たせること」が、とにかく苦手な気にしいさん。買い物の会計で「当店のポイントカードはお持ちでしょうか?」と聞かれたとき、店員さんも、後ろに並ぶお客さんも待たせたくないので、たとえ持っていたとしても、そのときにササっと見つからなければ、即「家においてきてしまった」、または「いいえ」と答えます。チラ見したお財布の中から、「探す気ゼロ!」というツッコミが聞こえてきてもおかしくありません。
たとえ探したとしても、「今、人を待たせている!」という気持ちで焦って頭は真っ白。どうせまともに探せないことも、容易に想像がつくという……。

まとめ

今回は、“気にしいさん”あるあるショッピング編でした。気にしいポイントのカードがあったら、スタンプ貯め放題の交換景品いただき放題です。次回は最終回、電車編です。

2021.09.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 武井 怜

1988年生まれ。東京都在住。 フリーランスで文章を書いたり短歌を書いたり、絵を描いたり。 過激な心配性です。でも、のんきで大雑把でもあります。 著書:コミックエッセイ『気にしすぎガール〜この世のあらゆる物事に気を遣いすぎる女の日常〜(KADOKAWA)』 Instagram:takeirei Twitter:@kinishisugigirl

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介