コロナ禍が終わっても…やっぱりマスクが手放せない理由【前編】

2021.07.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

マスク生活が日常になり、早1年半近く……。巷では急ピッチでワクチン接種が進められているものの、マスク生活はもうしばらく続きそうな予感がしますよね。
でも、「早くマスクなしの生活をしたい」と思う人がいる一方で、「もうマスクなしじゃ生活できないかも」と思っている人が少なからず存在するのも事実。「マスクが必須」な理由の中には、コロナ対策とは無関係なものも多数……!
ということで今回は、コロナ対策以外で「マスクが手放せない理由」について、女子のみなさんに話を聞き、ランキング形式でまとめました。前編は6位から4位まで!

マスクが手放せない理由

6位…なんとなく堂々としていられるから

・「普段一人で飲食店に行くのとか気が引けるけど、マスクをしているとなぜかちょっと自信が持てて、堂々と入れる。なんでかな、顔が隠れていると安心感があるのかなぁ……」(20代女性・公務員)

・「今までデートのとき、まわりの目が気になって彼と手をつなげなかった。でも、マスクをしていると不思議と恥ずかしさが消えて、堂々と手をつなげる。サングラスみたいな感じ?」(20代女性・学生)

▽ 意外と多かったこちらの回答。マスクはコロナからだけでなく、周囲の目からも自分を守る効果がある、とのことでした。内向的な性格の筆者は、なんとなくわかる気がしますね。

5位…日焼け・肌荒れを防げるから

・「UVカット加工がされた布マスクを愛用中。日焼け止めも塗っているから、夏の紫外線対策はバッチリだと思う!」(30代女性・エステティシャン)

・「花粉症持ちなので、もともと花粉シーズンにマスクは必須だった。けど、コロナ禍で一年中マスクをするようになって、気付いたら肌がキレイになっていた。汚れた空気やホコリとかから肌を守ってくれているからかな? 冬はマスクで乾燥も防げるしね」(20代女性・美容師)

▽ マスクって、夏はムレるし暑いしでなかなかしんどいですが、それで日焼けや肌荒れを防げるのならまぁいいかって思っちゃいますね。冬は冬でマスクの中に湿気がこもって、保湿効果もありそうだし……。
最近はUVカットや冷却、防臭など、機能的な素材を使用したマスクが多数出ているので、上手に活用したいものです。

4位…不快なニオイが気にならないから

・「接客業だから、口がくさくないか普段から気にしていたし、口臭予防のミントも欠かせなかったけど、今はマスクのおかげでそこまでニオイに神経質にならなくて済んでいる。『口、くさいって思われていないかな?』と心配するストレスから解放されたことで、実際に口のニオイも減っている気がする」(30代女性・販売員)

・「オフィスで隣に座っている同僚は、体臭がきつい。だからといって席を移動することもできず、今まで『喉の調子が悪い』とか言い訳をつけて、仕事中にマスクをしていた。
でもコロナ禍になって、そんなウソをつかなくても堂々と毎日マスクをつけていられるように」(30代女性・会社員)

▽ ニオイのストレスが減るのはうれしいこと。もちろん、マスクで完全にニオイを防げるわけではないですが、マスクがあることで多少は軽減されますよね。マスクの内側にハッカのスプレーを吹き付けている、なんて人もいるよう。いつか「完全防臭マスク」なんてできたら、買ってしまいそうです……。

いかがでしたか? 共感できる理由はありましたか?
後編は3位から気になる1位までです!

2021.07.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 安藤 陽子

美容ポータルサイト・生活情報サイト・ファッションECサイトなどでライターや編集業を経験した後、フリーのライターに。現在、Googirl編集部のお手伝いもしています。得意分野は美容・ファッションなど。那覇市生まれ、埼玉育ち。 毎日の生活にちょっとだけ役立つ情報を、わかりやすく、興味を持っていただけるようお伝えしていきます!

いしいぬ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介