寝て忘れられる人が羨ましい…! 繊細すぎる人あるある4つ

2021.06.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

「なんだか世の中って生きにくい」「自分ばかりが損をしているように感じる」なんて思いながら、毎日なにかに傷つきながら生きている人も少なくないもの。人のちょっとした言動を気にしすぎたり、自分は悪くないのに悪いことをした気持ちになることもあるのではないでしょうか。ここではそんな、繊細すぎる人あるあるを聞いてみました。

怒られている人を見るだけで落ち込む

「職場で怒られている人がいると、私が怒られているわけじゃなくても具合が悪くなるし、落ち込む。人が怒っている姿を見るのが本当にストレスで……。私の部署の部長がすごく怒りっぽい人で、ちょっと大きな音を出すだけでも注意される。だから仕事中はいつも緊張している」(20代・広告代理店)

▽ 自分が怒られているわけではないのに、怒られている人を見ると具合が悪くなるそうです。この手の人は、人の怒りの感情に敏感。誰かが怒ったり、悲しんだりすることが耐えられず、自分の感情がかき乱されてしまうようです。

断られるのが怖くて自分から誘えない

「自分から誘って断られたときに『どうせ私となんて出かけたくないよね』って思ってしまうから、私からは誘わない。本当に相手に用事があったりしても『本当は私と遊びたくないだけかもしれない』って気にしちゃうから。友達からは誘ってと言われるけど、なかなか難しくて……」(20代・学生)

▽ 自分から誘えないという人もいました。予定が合わないだけでも、断られた理由をマイナスな方向にどんどん考えて想像をふくらませていくそう。断られたときの衝撃が大きいため、初めから誰のことも誘わないという方法を選ぶそうです。

寝る前にひとり反省会

「夜寝る前に、その日あったことを振り返ってひとりで反省会。あのときああいうふうに言えばよかったなとか、言わなかったことを後悔したり、逆にあの言い方は誤解されたかもしれないって後悔したり。いずれにしても後悔するから、毎日反省することばかりで自分に疲れる」(20代・医療事務)

▽ 眠りにつく前に、その日あったことを振り返ってひとりで反省会をするそう。たまにはいいこともあるのではないかと思いますが、言ったことを後悔する日もあれば、言わなかったことを後悔する日もあるようで。どちらにしても、後悔することには変わらないそうです。なかなか生きにくそうですね。

寝ても忘れない

「寝たら忘れられるっていう人が本当に羨ましい! 私は寝ても忘れられなくて、翌朝思い出して暗い気持ちになったまま過ごすから。前日に怒られたり、嫌味を言われたりしたこともずっと覚えているし、それでまた自己否定が始まる」(20代・学生)

▽ 眠ったからといって、簡単には忘れられないのが繊細な人です。起きてから前日起きた嫌なことを思い出して絶望するようです。寝たら忘れられる人が羨ましいという声が多かったです。

2021.06.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介