無自覚って怖い! いつの間にか人が離れていく女子あるあるvol. 2

2021.05.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

本人にまるで悪気はないのに、なんとなく距離をとられて人が離れていってしまう人、あなたの周りにはいらっしゃいますか? 本日も引き続き、そんなちょっと残念な女子あるあるについてお届けいたします!

最初のひとくちを貰うことに躊躇がない

「私の知り合いなんですけど、テイクアウトして食べ歩きをするときに必ず『ねぇ、それひとくちちょうだい!』って言うんですよね。本当にストレスです。しかも、最初のひとくちですよ。
私がまだ食べてないのに。『貰えるのが普通』みたいな顔でねだってくるんです。そう来られると、自分がかじったあとであげるって言えるわけもなくて。欲しいなら自分で買えばいいのに。彼女と会うときは、飲食をしないようにしています」(事務/20代/女性)

▽ お気持ちお察しいたします。この問題はとても深刻ですよね。シェアするだけならまだしも、最初の一番おいしい瞬間を奪うなんて、そりゃあ人も離れましょう。
そういえば、2021年のエイプリルフールにイギリスの大手ファーストフード店が『ポテト泥棒』をなくすためフライドポテト3本ほどの新サイズを発表されていましたね。世界中に『ひとくちちょうだい』人間は生息している模様。シェアされるのが当然なんて思わないで~!

2021.05.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 立羽あさぎ

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。 着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。 現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。 オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。 暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

ebisu

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介