安さだけが正義じゃない!?「自分はやらないな」と思う収納法 vol. 6

2021.05.11

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

収納やインテリアがおしゃれなお家には憧れるもの。とはいえ、収納やインテリアにこだわりがあっても、方向が違うと「あれ……?」と違和感を覚えるもの。収納にはその人のセンスもあらわれます。
最近では安ければ安いほど、得すれば得するほどいいという風潮もありますが……。ここでは「自分はやらないな」と思う収納法を聞いてみました。

収納グッズを全部100均で揃える

・「最近の100円ショップはいいものが揃っているし、100円には見えないようなものもあるとは思うんだけど、全部それで揃えているインテリアや収納法は、正直ちょっと……。SNSでは100均ネタばかりだし、みんなどこも似たような感じ。最初は100円に見えなくても、みんなが使っているとやっぱり100円に見えてくるし、飽きちゃう」(30代・金融)

・「いいものもたくさん売っているのはわかるけど、やっぱり値段相応なものも多いから、100均で統一しているインテリアや収納は抵抗がある。ママ友の家に遊びに行っても、100円のものってすぐにわかっちゃう。自分もよく100均に行っているから気づくっていうのもあるかもしれないけど」(30代・メーカー)

▽ 便利でお値段以上に見えるものも多い100円ショップ。とはいえ、最近ではSNSで気軽に100均グッズが紹介されていることもあり、すぐに「これは100均で人気の商品だ」と気づかれてしまうもの。そんな収納法に見飽きてしまったという人もいるようです。

2021.05.11

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

小林リズム

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介