汚れが目立ちそうだけど…「自分はやらないな」と思う収納法 vol. 3

2021.05.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

世の中ではやっている収納法でも、自分ではいまいちピンとこなかったり、「どこがいいのかわからない……」なんて思うこともあるのではないでしょうか。誰もがおしゃれなインテリアに憧れるわけではないし、誰もがシンプルな部屋に住みたいと思うわけではありません。ここではそんな、「自分はやらないな」と思う収納法を聞いてみました。

収納グッズを白で統一する

・「なんでもかんでも白でインテリアを統一する収納法! 絵本棚の色も、踏み台も、机も椅子も全部白を選んでいる人をSNSでよく見かけるけど、どうしてそんなに白にこだわるのか正直謎。白が好きなのかな? 私なら汚しちゃいそうで怖くて選ばない色だから、すごいなと思う」(30代・主婦)

・「私の友達の部屋はとにかく白い! 一度泊まったときにお風呂を借りたことがあるけど、シャンプーとリンスのボトルも真っ白だし、朝ご飯にもってきた牛乳パックはわざわざ白いカバーでおおわれていてびっくり! どうしてそんなに白にこだわるのか聞いたら『白を選ぶと生活感がなくなっていい』と説明された。そうかなぁ……」(20代・IT)

▽ 白は何にでも合うベーシックな色。白で統一された部屋は、余計なものがなく整っているようにも感じますよね。とはいえ、度がすぎると病院のように簡素な印象になることも。それに、汚れも目立ちやすいですよね。バランスって難しいなと感じるものです。

2021.05.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

小林リズム

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介