難解すぎる…! 外国語みたいな言葉とは? 地方出身者の方言エピソード vol. 3

2021.04.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

新年度が始まり、進学や転勤で地方出身者の方と出会う機会も多い季節ですね! 聞き慣れない方言にビックリしたり、逆に「何て言ったの?」とビックリされた人も多いのではないでしょうか?
今回も引き続き「地方出身者の方言エピソード」をご紹介します!

難解すぎる東北弁

外国語にしか聞こえない?

「東北出身の人と電話したとき、何を喋ってるのか全然わからなかった。最初は電波が悪いせいだと思っていたけど、単純に言葉がわからないだけだった……。
全てに濁点がついてて外国語にしか聞こえないし、これが彼氏だったらコミュニケーションとるの大変だと思う」(20 – 24歳・会社員)

▽ 慣れない人が聞いたら、まるで外国語並みの難解さを感じる「東北弁」。訛りがキツイと、たしかにコミュニケーションをとるのは大変かも……。

響きが可愛くない?

「飲み会で、博多出身の子が『みんなもう帰ると~?』と聞いてて、これモテるやつだと思いました(笑)。ちなみに、青森県では『んがんど、けーんのが?(あなたたち、帰るんですか?)』になります(笑)」(25 – 29歳・会社員)

▽ 青森県内でも地域によって方言は異なりますが、飲み会では男子にビックリされる可能性大? アンケート内でも、いわゆる「モテ方言」に憧れる東北女子からの意見が多数寄せられました。

難解すぎてトラブルに発展!?

「東北出身の人と話していたとき『まいね』と言われて『ま、いいね』と聞こえたためOKと解釈した。しかし『まいね』は、津軽弁で『ダメです』という意味らしく大問題に発展してしまった……。
日常的にこんなことが多々あり、常に相手の言った意味を考えているので会話を楽しむ余裕がない(笑)。聞き取りづらいことを伝えると、バカにされたと勘違いされてしまうこともあるので大変です……」(30 – 34歳・会社員)

▽ 方言を知らないと、すれ違いが起きてトラブルになってしまうことも……! 仕事で東北のお客さまとやり取りするときは、緊張感がすごいようです。

それぞれの地域の文化を感じる方言って、聞いていると面白いですよね。次回は、そんな方言の中でも、男子ウケ抜群の「モテ方言」をご紹介します!

2021.04.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

原桃子

Written by 原桃子

アラサ―OL、フリーライター。 いつだって自分らしくマイペースに生活中。 悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介