婚活パーティーに元カレ…!? 女子がやってしまった大失敗とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2021.02.23.Tue

成功体験はもちろんのこと、失敗と思えるエピソードだって人生に深みを出すための重要なスパイス。そう考えれば、どんなに究極の失敗だって「きっと今後の人生において役に立つはず!」と前向きに考えられるようになる……かもしれません。
失敗をして落ち込むこともあるけれど、失敗なくして成功への道は切り開かれないのです。ということで今回は、女性たちに「やってしまった大失敗」を聞いてきました。

やってしまった大失敗とは?

(1)給料日に飲み歩きをし、給料を全額なくす

「あれは初任給をもらったときのこと。お給料が入ったのがうれしくて全額を銀行から引き出しました。今となってはなぜ全額引き出したのかも謎なのですが、そのまま一晩中飲み歩き、気づいたらお給料を入れたはずの袋がなくなっていました」(35歳/編集/女性)

▽ 初めて自分で稼いでお金を得たことがとてもうれしかったのでしょうね。筆者にもその感動はよくわかります。しかし調子に乗って羽目を外しすぎると、思いもよらなかったことが起きてしまうかもしれません。

(2)LINEを誤送信

「友だちに『彼氏の口がくさいんだけど、どうにかして傷つけずに注意することはできないだろうか』と相談しようとしたんです。その後彼から『ごめん。気をつける』と返信がきて、そこでやっと送信先を間違えたことに気がつきました」(27歳/飲食/女性)

▽ デリケートな内容のLINEは、送信する前にしっかりと送信先を確認しておくことをおすすめします。今はLINEにも送信取り消し機能がついていますが、それでも送信する前に確認を怠らない方が賢明でしょう。

(3)婚活パーティーに元カレの姿が…

「婚活パーティーに元カレの姿を発見。向こうも気まずそうにしていたけれど、3分間のトーク時間は苦痛以外のなにものでもありませんでしたよ」(34歳/フリーランス/女性)

▽ なんと、こんな偶然ってあるのでしょうか! どのような別れ方をしたのか、いつ頃付き合っていたのかなど、関係性によっても気まずさの度合いは変わってきそうですが、いずれにせよ「まあ、これってまさか運命!?」とは、ならなかったようです。現実って厳しい……!

(4)普段の頑張りがムダになる“言い間違い”

「男性の比率が多い職場ということもありますが、女性だからとなめられてはいけないと思い、普段は後輩たちにとても厳しく接しています。それなのに少し気が緩んでしまい、自分のことを『私』ではなく、自分の名前で呼んでしまったんです。それ以来、職場の人から『カワイイ』とからかわれ続けています」(33歳/建築/女性)

▽ 普段は気を張っている厳しい女性が、ふとした瞬間に踏んでしまったドジ。こんなギャップに萌えない人はいないのでは? 親近感をアピールできたということで、ある意味結果オーライと考えることもできるかも!

まとめ

どれも自分の身に起きたらと思うと、ヒヤッとしてしまう出来事ばかりでしたね。さて、皆さまはどのような大失敗をしたことがありますか?

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子