「もしかして私、オジサン化している!?」と思う瞬間4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2020.12.02.Wed

草食系男子などと言われるようになってきてから、女性も徐々に強くなってきたようなきらいがあります。オス化ならまだ良くて、それよりも深刻なのは「すっかり『オジサン化』している」なんていうようなこと。年齢的に「オバサン」と言われることはあるかもしれない。だけど「オジサン」は嫌!
ということで今回は、女性陣が「私、オジサン化している!?」と思う瞬間をご紹介します。

自身のオジサン化に気づく瞬間とは?

(1)皮脂と汗が過剰分泌

「最近、脂ぎってきた感じがするんですよ。頭皮とかもベタつくし……。顔も皮脂でギラギラしてしまうので、メイク崩れも深刻です」(35歳/営業/女性)

▽ 乾燥する季節になると、普段よりも皮脂が出やすくなることもあると思うのですが、きっとそういうことではないんですよね。たまにいますよね、なんかギラギラしているオジサン。おそらく、そちらに近いということなのでしょうね。

(2)体臭が強くなった

「足の臭いが以前よりも強くなりました。もうデオドラントスプレーが必需品ですよ」(34歳/編集/女性)

▽ 加齢臭ということなのでしょうか。体臭は誰にでもあるものですが、強烈な足の臭いというのはたしかにオジサンを連想させるものです。

(3)メイクが面倒くさい

「メイクをするのも面倒くさいですが、メイクを落とすのも面倒くさいんです。今はすっかりリモートワークに切り替わったので、メイクをしていないことがほとんどです」(29歳/事務/女性)

▽ 美しさに気を使わなくなったら、それはオジサンの始まり……ということなのかもしれませんね。

(4)お酒の好みや飲み方が…

「若いころはカクテルとかサワーとか、とにかく甘いお酒が大好物でした。でも、最近では焼酎とか日本酒のほうが好きなんです。友達からも『かわいくないからやめたほうがいい』なんて言われる始末で……」(32歳/フリーランス/女性)

▽ 人間は誰しも、年齢が上がるにつれて良くも悪くもまわりの目をあまり気にしなくなるものです。だからこそ自分の趣味や好きなものを再確認したり、自分自身の再発見などもしやすいわけなのですが、だからといって、それでどんどんオジサンみたいになってしまうというのはできれば避けたいところです。

ステキな大人女子を目指して

年齢や性別さえも飛び越えてオジサン化してしまうというのは、それくらいがむしゃらに毎日を生きているということです。つまりある意味「頑張った証拠」ともいえるわけです。しかし、私たちが目指したいのは「オジサン」ではなく「カッコよくキラキラと輝く大人女子」なのです。
自身のオジサン化に気づいたら、今一度意識を高くもち、そして気を引き締め、「こうありたい」と願う美しさについて考えてみたほうがいいのかもしれません。

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子