私こんな顔で外を…!? 女性陣の身に起きた「メイクハプニング」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.10.12.Mon

メイクに失敗はつきもの。かわいくなるために頑張ってメイクしたのに、家に帰ってから「私こんな顔だったの!?」とギョッとすることもありますよね。
この顔で1日中いたのかと思うと、恥ずかしくなってしまいます。そこで今回は「女性陣の身に起きたメイクハプニング」についてご紹介します。

汗で…

・「夏場に汗をかいたら、眉毛が消え去っていたこと。デコ出しヘアだったので、すごく恥ずかしかったです」(20代/栄養士)

・「タオルで汗をおさえたら、ベッタリファンデがついてしまった。よく見たら顔中ドロドロでした……」(30代/IT)

▽ 汗はメイクの天敵! ファンデは崩れるし、眉毛はなくなるしいいことはありません。崩れにくいベースやキープミストなどを使って、できるだけ化粧ヨレを防止しましょう。

突然の雨で…

・「学生時代、彼との待ち合わせ場所へ行こうと自転車をこいでいたら、急に雨が降ってきたんです。でも遅刻しそうだったので慌てて向かったら、私を見た彼が『顔どうしたの?』と一言。
疑問に思って鏡を見たら、なんと雨でマスカラが全部目の下にくっついていたんです。その日以来、マスカラはウォータープルーフ派です……」(20代/営業事務)

▽ パンダ目って自分では気づきにくいもの。鏡を見た瞬間「目の周り真っ黒じゃん!」とビックリします。少々落とすのが大変ですが、いざというときはウォータープルーフのほうが安心かも。

マスクをとったら…

・「マスクに沿って、鼻上にファンデが溜まってしまうこと。それでいて頬はカサカサ。マスクをとる際は、まずメイク直しをするようになりました」(30代/経理)

▽ 今年はどこへ行くにも必須なマスク。でも顔に直接つけるからこそ、メイクヨレに悩まされている人も多いよう。なるべくベースは薄付きにするなど、対策をとるしかなさそうです。

好きな色でメイクしたら…

・「まだメイクをよく知らなかった頃、アイメイクはオレンジ、チークはピンク、リップは赤と好きな色だけを使っていたんです。でもあまりにもチグハグすぎて、お姉ちゃんから『その顔ヘンだから!』と注意された。たしかに当時の写真を見ると、顔に統一感がないですね」(20代/販売)

▽ 慣れてくると色味を合わせる大切さに気付くのですが、メイク初心者の頃はイマイチわからないもの。手持ちのコスメも少ないので、とりあえず好きな色だけを使いがちです。でもその結果、ピエロメイクが完成することに……。

歯にリップが…

・「バッチリ赤リップを塗ったつもりが、気付いたら歯紅していたこと。トイレで鏡を見たときに気づきましたね。なんで誰も言ってくれないんだ(涙)」(20代/保険)

▽ どんなメイクだろうと、歯紅するだけで一気にマヌケ顔になるから恐ろしいもの。とはいえ周囲が指摘しづらい気持ちもわかりますよね。落ちにくいリップを使ったり、口紅を塗った後にティッシュオフするしかなさそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]