共学の女子ってあざとい? 男子がいるだけで女子はこんなに変わるんです! Googirlアンケート調査

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2020.10.09.Fri

女子校と共学、メリットが多いのはどちらだと思いますか? 前回は女子校のいいところをご紹介しましたが、今回は共学のメリットをご紹介します!
男子がいるだけで、女子ってこんなに可愛くなるんです……!

共学のいいところ

彼氏ができる

・ 「女子校より彼氏ができやすいと思う」(~19歳・その他学生)

・ 「男子と友達になれるし、自分から大きな行動を起こさなくても必ず出会いがあるから、彼氏ができる可能性が高い」(~19歳・高校生)

▽  身近に男子がいるので恋愛に発展しやすいですよね。彼氏をつくるならやっぱり共学!

男女のイベントで…

・ 「席替えなど、男女のペアをつくるイベントは盛り上がる」(~19歳・高校生)

・ 「同じ学校だと文化祭一緒に回ったり、体育祭の応援をし合えたり、共学ならではのスクールラブを体験できるから」(~19歳・大学生)

・ 「友達の告白を応援したり、カッコイイ先輩の追っかけをしたりと男女がいるからこその楽しいイベントが盛りだくさんなところです!」(~19歳・大学生)

▽  文化祭などのイベントを通して恋が生まれることも! いかにも青春なイベントが満載です!

男子の男らしさに…

・ 「体育祭、文化祭で男子が力仕事をしてくれる!」(~19歳・高校生)

・ 「男女で協力するから、頼りになる男子の姿にキュンとすることもある」(~19歳・中学生)

▽  中学、高校となれば男子との体格差も出てきます。力仕事を率先してやってくれる同級生にキュンとしますね!

男ウケ重視によりいじめは消滅

・ 「外面を気にする人はいじめをしないし、止めてくれる!」(~19歳・大学生)

▽  好きな人の前でいじめなんてできませんよね。異性の目は平和をもたらすのかも?

男子の取り扱いを学べる

・ 「男性との接し方を学べる! 特に、同級生の男子達と仲良くなる方法とか、どうしたら男子に作業を手伝ってもらえるかとか」(~19歳・中学生)

▽  学生のうちから男子のトリセツを学べるのも共学ならではです!「手伝って」と甘えるスキルはここで身につきますね!

好きな人ができると…

・「好きな人ができると学校に行くのが楽しみになる!」(~19歳・高校生)

▽  同じ学校に好きな人がいたら毎日バラ色です!「今日は何を話そうかな?」って考えるだけで楽しいですね。

恋愛にたいして現実的に

・ 「男子の嫌な部分やダメな部分も見えやすいので、恋愛の理想が高くならない」(~19歳・大学生)

▽  早いうちに男子の実態が見えるので、男性に夢を抱かずにすみます。「王子さまみたいな人がタイプ」なんていうことはありません。

男子運動部のマネージャー

・ 「好きな人と同じクラスになれること! あと、男子運動部のマネージャーは共学の特権だと思う! 私も野球部のマネやっていました」(~19歳・高校生)

▽  男子運動部のマネージャーって憧れますよね! たしかに共学ならではです……!

女子力が高くなる

・ 「異性がいるから身だしなみに気をつかう」(~19歳・高校生)

・ 「いつも男の子が周りにいるので、女の子らしくしようと思えるところです。私はもともとオラオラ系の口調だったのですが、周りの女の子は可愛くなろうと頑張っているので、私も女の子らしくしようと思いました」(~19歳・中学生)

▽  異性の目があると女の子らしくなるのが女子というもの。女子力を上げるならやっぱり共学です!

女子グループが苦手な人のオアシス

・ 「女子特有のグループが苦手で今まで一度も入ったことがなくて、男友達の方が気楽に付き合える私としては共学の方が居心地がいい」(~19歳・大学生)

▽  女子が苦手なのに女子校に行ったら大変ですからね……。彼氏だけじゃなく、男友達ができるのも魅力!

男慣れする

・ 「男性に慣れるから男の人の前でもドギマギしないで喋れるようになる。大学でも共学出身の方が彼氏ができやすいのでは?」(~19歳・高校生)

▽  男子に慣れているぶん、男友達もできやすいし恋人づくりもスムーズです!

いかがでしたか? 若干のあざとさを感じますが、共学出身の女子は器用な子が多い印象です! また、同じ学校の彼と一緒に登下校する姿は青春そのもの! 少女マンガみたいなスクールラブな展開も期待できるかもしれません。
しかし、もちろんデメリットもあるようで……? 次回は女子校と共学のデメリットをご紹介します!

▽ 前回の記事はコチラ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。