放っておいてよ! 周囲から口出しをされるとイラっとすること【日常編】

2020.08.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

たとえ悪気がなかったとしても、自分を否定されるのってやっぱり面白くないもの。それにおせっかいが度を超えると、追いつめられた気持ちになります。どんなに仲がいい友達でも、もう会いたくなくなっちゃうかも……。
そこで今回は「日常生活で、周囲から口出しをされるとイラっとすること」についてご紹介します。

口出しをされるとイラっとすること

1. 「人生の半分損しているよ!」

・「私は下戸なんですが、『お酒が飲めないなんて人生の半分損しているよ!』と言われることが多い。でもお酒で失敗している人を見ると、そっちのほうが人生損しているのでは……と思ってしまう。
あと『これジュースみたいだから飲んでみて!』と甘いお酒をすすめられるけれど、だったらジュースでいいですってなる。価値観を押しつけられるのがイヤですね」(20代/受付)

▽ 軽い気持ちで言いがちな「人生半分損しているよ!」ですが、よくよく考えると結構重いワードですよね。これまでの人生を否定されたようで、言われたほうはあまりいい気持ちにはならないかも。
どんなに自分の好きなものだったとしても、押し付けは厳禁。「たしかに苦手な人もいるよね!」くらいで抑えておきましょう。

2. 「そんな仕事辞めちゃいなよ」

・「地元で働いているってだけで『給料低いでしょ? そんな仕事辞めて上京しちゃいなよ!』と言ってくる同級生がいる。いやいや、私いまの生活に不満ないんですけど……。なんでそんなに上から目線なんだろう」(20代/福祉)

▽ 仕事のグチをこぼしているならまだしも、そうじゃないのに退職を促すって無責任ですよね。「心配してくれてありがとう! でもいまの仕事結構楽しいし!」とサラッと流すしかないのかも。

3. 「時間がもったいない!」

・「休日はひたすら寝ているタイプなのですが、それを話すと『え! ずっと家にいるの?』『時間がもったいないじゃん!』と言われることがある。でも私的には最高の休日なんだけどな」(30代/一般事務)

▽ アウトドア or インドアによって、休日の過ごし方ってガラッと変わりますよね。予定を詰めたい派からすると、家でボーッとするのは時間がもったいなく感じるよう。その気持ちはわかりますが、「私は体を休めたいのにな」と戸惑うのが本音かも。

4. 身体的なことについて

・「よく『クマできてるよ』『寝てないの?』と言われるのですが、これは元からなんだよね。心配してくれているんだろうけど、私も悩んでいるのでそっとしておいてほしい」(20代/通信)

・「太りたくても太れないのがコンプレックス。だから『細いね!』『ちゃんと食べてる?』って聞かれるのがイヤです」(30代/サービス業)

▽ 相手を心配して、もしくは褒める意味で言ったつもりが、逆にコンプレックスを刺激する場合もあります。身体的なことを指摘する際は、より慎重になるべきでしょう。

2020.08.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

春風のの

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介