かなりモヤっとする! 女友達の「さりげないマウント発言」4選!

2020.08.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

女友達の「さりげないマウント発言」にモヤっとしたことはありませんか? 明らかにマウントを取っているとわかる発言であれば反撃することもできるのですが、上級者にもなると、「自分を落としていると見せかけて本当は相手を落としている」という高度なテクニックを使ってくるため、言い返すこともできず終わってしまうことがありますよね。
そこで今回は、かなりモヤっとする女友達の「さりげないマウント発言」をご紹介したいと思います。

女友達の「さりげないマウント発言」

1. 私はほぼスッピンだから

「合コンで男子たちが『みんな可愛いね~』と言ってきたら、女友達が『私は化粧が似合わなくてほぼスッピンなの。だから全然可愛くないよ~』と、謙遜に見せかけたマウントをとってきた」(20代/販売)

▽ 薄化粧をアピールできるのは自分に自信があるからこそ。そのうえ、薄化粧は男子に評判がいいとわかっていそうで怖い! 頑張って化粧をしてキレイにしていることを小バカにされているような気がして、他の女子はやっぱりイラっとしてしまいますよね。

2. 派遣さんには頭が上がらない

「派遣として働いている私に、正社員の女友達が『お給料も上がらないし、ボーナスもないのに一生懸命働いてくれる派遣さんには本当に感謝だよ~。派遣さんには頭が上がらない』と言ってきたとき、確実に私を下に見ていることがわかった」(20代/派遣)

▽ 本当に感謝しているのであれば、「ボーナスなし」「お給料が上がらない」などと余計なことは絶対に言わないはず。人を落としておきながら「感謝している」と発言するのはタチが悪い!

3. 彼氏がいないことを尊敬

「私には何年も彼氏がいないのですが、そんな私に女友達が『私だったら寂しくて1人は耐えられないよ。彼氏がいなくても大丈夫な○○をすごく尊敬する』と真顔で言ってきて、なんだか少し引っかかりました」(30代/ヨガインストラクター)

▽ 彼氏がいないことを「尊敬する」と言われても、素直に「ありがとう」とは言えないですよね。たとえ彼氏がいないことを気にしていなかったとしても、何だかモヤモヤしてしまう発言。

4. 私はプチプラファッション

「お給料を貯めて頑張って買った高級ブランドバッグを持っていたら、『すご~い。私なんて基本プチプラファッションだから』と言われたのですが、その女友達がすごく美人で……。褒められたというよりも、『私が持てば安い物でも高く見えるの』と言われている気がしてしまいました」(20代/歯科助手)

▽ マウント発言として認定するには少し難しいラインですが、よくよく考えてみるとプチプラを堂々と宣言できるのは美人な女子が多いため、引っかかる女子は意外と多いかもしれませんね。正直、何を持っても「サマ」になる美人さんがうらやましい……。

まとめ

いかがでしたか? あまりにさりげないマウント発言に、悪気があるのかないのかわからないためモヤっとしてしまう女子は多いようです。
ただ、真意は女友達にしかわからないので、あまり深く考えないで終わりにしてしまうのが1番。女友達のさりげないマウント発言は、さらりと聞き流してしまいましょう。

2020.08.03

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。

春風のの

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介