これって私だけ? 女性陣が「私ってズボラだな」と思う瞬間5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.06.24.Wed

ていねいな暮らしや几帳面な生活は理想ですよね。でも毎日のことを考えたら、多少ズボラなほうが効率的だったりするもの。また家族や友達から指摘されて、はじめて自分のだらしなさに気づくこともあります。
そこで今回は「『私ってズボラだな』と思う瞬間」についてリサーチしてみました。

1. 洗濯物は畳まない

・「洗濯物をたたむのって面倒くさい。なので洗濯ばさみやハンガーからとって、そのまま着ています」(20代/営業事務)

▽ きれいな収納も憧れるけれど、「どうせ着るのにわざわざたたむのも面倒だな……」との思いが勝ってしまうズボラ女子。そのため干した洗濯物は、基本そのまま放置。見栄えは悪いけれど「誰にも迷惑をかけていないし、まぁいいか」と思ってしまうのです。

2. 髪の毛は自然乾燥

・「お風呂から出たあと、髪を乾かすのが究極に面倒くさい。なのでドライヤーはかけず、自然乾燥が多いですね。髪の毛に悪いだろうけれど、やっぱりラクなほうがいい!」(30代/IT)

▽ 10分髪の毛を乾かすだけでも結構大変なもの。髪にはあまりよくないとわかりつつ、自然乾燥に頼ってしまう人も。特に夏場のドライヤーは暑いので、余計面倒になってしまうんですよね……。

3. 基本オールインワンで済ます

・「化粧水や乳液、クリームや美容液といろいろ顔に塗るのが面倒。なので基本オールインワンで済ませています。友達のスキンケア事情を聞いていると、我ながらズボラだなと思う……」(20代/広告)

▽ 将来のためにスキンケアは大事だとわかりつつも、毎日ていねいにはできないもの。特に仕事や子育てに追われていると、正直それどころではなかったり……。そんな女性にとって、オールインワンは強い味方のようです。

4. 服や靴下が逆でも気にしない

・「家の中なら服が表裏逆でも問題ないかなって。たまにそのまま宅配便を受け取ってしまい『やっちゃった』って思います」(30代/福祉)

・「朝はその辺にあるのを適当に履いてしまうので、靴下が左右バラバラのときがある。同僚から『ちゃんとしなよ!』って苦笑いされています」(20代/一般事務)

▽ とりあえず着られるなら何でもいいので、見栄えは重要視しないとの意見。周りの人から指摘されて、「みんなそんなに気になる?」と自分のズボラさを自覚するのです。

5. ゴミを投げる

・「近くにゴミ箱がないと、投げるクセがついていること。しかも『ゴミはゴミ箱の近くにあればOK』と思っているので、入らなかったゴミをすぐに拾ったりもしません。その姿を彼氏に見られてしまい、軽く引かれました」(20代/アパレル)

▽ ズボラ女子は立ち上がることさえ面倒なので、ゴミを投げがちです。かわいい彼女の意外な一面を知ったら、彼氏もビックリしてしまうかも……。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]