イライラがとまらないっ! 女子達のストレス発散法とは!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2020.03.16.Mon

みなさんはイライラがとまらなくなったとき、どんな方法でストレスを発散していますか? たとえ小さなイライラだったとしても、溜め続けてしまえば次第に大きくなり、最終的に爆発してしまいます。爆発すると周囲の人にも迷惑をかけてしまうので、そうならないためにも日々ストレスを発散するのは大切なことです。
そこで今回は「女子達のストレス発散法」をご紹介したいと思います。

1. 一人悪口大会

「口に出せずに溜め込んだイライラは、『一人悪口大会』で発散。家に帰宅後、『ムカつくんだよ!』『私がどれだけ我慢していると思ってるんだー!』と、ひたすら文句と悪口を言う」(30代/ゲームクリエイター)

▽ 仕事の愚痴を職場の人に話すとあとあと面倒なことになってしまう可能性がありますが、自分一人で言うのであれば何の問題もなし!

2. ネットショッピング

「ストレス発散にはやっぱりネットショッピングをすることです。『購入ボタン』を押すと気持ちがスッキリ! ポイントは、高いものを一点買うよりも、安いものをいくつも買うことです」(20代/研究)

▽ 確かに、高額なものを購入すると次の日に後悔してしまうこともありますが、安価なものであれば心配も少ないのでいいかもしれません。何を買うか考えるだけでイライラがどこかに消えて行ってしまいますよね。

3. プチ贅沢な夜を送る

「イライラがたまった日は『プチ贅沢な夜』を送るようにしています。外食であれ、お弁当であれ、いつもよりワンランク上のものを食べる。入浴剤はいつもより高価なものを買う。プチ贅沢すると案外心が満たされます」(20代/派遣)

▽ 思い切った贅沢をしなくてもイライラは吹き飛ばせるもの。ほんのちょっと心に余裕を持たせることは、日々を乗り越えていく力になります。

4. 会社を休む

「精神的に限界がきたと感じたら無理はせず、有給を取って休むに限る。イライラの原因から離れるのが一番いい」(30代/営業事務)

▽ 他のことで気を紛らわすのもストレス発散法としてはいいですが、会社を休むことが一番のリフレッシュになるかもしれません。有給が取れる環境であれば思い切ってまとめて休んでしまうのもオススメです。

5. ひたすら掃除

「平日に溜まったイライラはすべて休日の掃除にぶつけます。とにかく無心で家中を磨き上げる。終わったあとは部屋も心もさっぱりです」(20代/テレマーケティング)

▽ 1つのことに夢中になるとイヤなことも忘れてしまいますよね。掃除は体も動かすため夜もグッスリ眠れるので、まさに一石二鳥です。

まとめ

いかがでしたか? ほんの少しのお金や時間を上手に使ってストレスを発散する女子が多いよう。確かに、多くのお金や時間を使ってしまうと逆にあとでストレスになってしまう場合があるのでやりすぎもよくないですよね。自分にとって最善の発散法を見つけて、ストレスを毎日吹き飛ばしていきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。