洗濯はニオイで決める!? 「私ってだらしないなあ」と思ってしまう瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2019.10.11.Fri

周りからは「しっかりした人」だと思われているけれど、いざ一人になるとみんなの知らない「ぐうたらな自分」が登場する人も多いハズ。今回はそんな、「私ってだらしないなあ」と思ってしまう瞬間あるあるを集めてみました。

脱いだら脱ぎっぱなし

洗濯するべき服が、脱いだままの状態で床に転がっているとき。あとで拾って洗濯機に入れようとは思っているものの、他のことをしていて忘れてしまいがち。というか、見えてはいるのだけれど、無視してしまいがち! 

家の掃除は基本気が向いたとき

基本的には掃除はしないけれど、家が限界まで散らかってしまったときや、テレビで断捨離やお掃除をテーマにした番組を見たときなどは張り切って掃除をするのです。部屋がキレイになったあとは毎回、「よし、定期的に掃除をするぞ!」と心に誓うものの、結局やらないことばかり。

あちこちから小銭が出てくる

久しぶりに掃除をしていたら、いろんなところから小銭が出てくるのもあるある。服やバッグから小銭が落ちたときにすぐに拾わないので、どんどん端っこに追いやられ、掃除しているときに再び発見されるのです。集めると結構な額になることも。

洗濯物はかけっぱなし

洗濯物が乾いても、たたむのが面倒くさくてそのままかけっぱなし。そしてそのハンガーから服を取って直接着ることを繰り返しているのです。こんなルーティンを繰り返しているので、いつも着ている服は一緒。たくさんの服を持っているはずなのに、結局着ている服は持っている服の1割くらいなのです。

ニオイで洗濯するかどうか決める

基本的に洗濯はニオイがやばいかどうかが基準。服を脱いだあとにクンクンして、くさいかどうか確かめてから洗濯するか決めるのです。くさくなければ問題ないので、洗濯しないと判断したものは消臭スプレーすらかけずにクローゼットに放り込むことも。

宅配の人には適当な格好で対応

宅配の人が家に来ても、寝癖もなおさずボロボロの部屋着のまま対応するとき。そんな身なりの女子なんてもう見慣れているだろうから、何とも思わないだろうけども! だらしなさすぎて、パンツ丸出しのまま対応してしまいそうになることも。

テーブルの上はいろいろ置きっぱなし

飲みかけのマグカップ、空き缶、お菓子の袋など、テーブルの上にはいろんなものが置きっぱなし。ゴミ箱は隣にあるのに、なぜかそれすら面倒くさいと感じてしまう……。ある日カップや空き缶の中身がこぼれたりして、ようやく片付け始めるのです。

家の外では気を張って完璧にこなしていると、家ではだらだらしたくなるもの。みなさんも「私ってだらしないなあ」と思う瞬間ありませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。